メラミンスポンジの正しい使い方と絶対にやってはいけない注意点の話

■メラミンスポンジは洗剤いらず♪硬い網目で汚れを削り落とす!
■人、コーティングされたもの、車のボディ、漆器、陶器にはダメ絶対!
■キッチンの油汚れや焦げ付き、玄関の掃除やスーツのお手入れに大活躍!

nissy

更新日:2020年06月26日


メラミンスポンジ。水だけで簡単に汚れが落ちてしまう魔法のようなアイテム。

今ではお掃除グッズの定番ですね。

ただ、もはや定番すぎて、なんとなーく使ってしまっていませんか?実は、メラミンスポンジってとても奥が深いんですよ。

そこで今回はメラミンスポンジの使える場所効果的な使い方注意点などを紹介します!

まずはメラミンスポンジのことを知ろう!

そもそも、メラミンスポンジって、何なのでしょうか?

ちなみに、私は「え、メラミン?メラニンスポンジじゃないの?」ってなりました。メラニンはお肌を紫外線から守ってくれる色素ですよ。

そんな私と一緒に、メラミンスポンジのことを学んでいきましょう!

メラミンスポンジとは

メラミンスポンジは「メラミン樹脂」というものから作られたスポンジのこと。

レック株式会社が販売する「激落ちくん」という白いスポンジが有名ですよね。

レック 激落ち ポイポイ ( メラミンスポンジ )

一見ただの白いスポンジに見えますが、このスポンジに水をつけて汚れを擦るだけで、水垢油汚れなどを落としてくれるんです。

なんと、最近では100円ショップでも売っています。本当に便利な世の中になりましたね。

どうやって汚れを落としているの?

さて、そんなメラミンスポンジですが、どうやって汚れを落とすのでしょうか?

その秘密は硬さと網目にあります!

実は硬い

スポンジと聞くと、やわらかいものをイメージすると思います。でも実際に触ってみましたが、ふつうのスポンジよりは硬めです。

それもそのはず。メラミンスポンジを作っているメラミン樹脂は、とても硬いんです

この硬さがあるからこそ、汚れを削りながら落とすことができるんですよ♪

キメ細かい網目状の構造

メラミンスポンジをよく見てみると、細かい網目のような空洞が無数にありますよね。

これは、メラミン樹脂に発砲剤やガスを加えて発砲させたときにできたもの。

この細かい網目があることで、汚れをかき出すことができるのです。

硬さと網目、これら2つの特徴があることで、水だけでも汚れを除去することができるんですね♪

メラミンスポンジの4つの魅力

他のスポンジとは、ちょっと変わった特徴を持つメラミンスポンジ。魅力もひと味違います。

・洗剤がいらない
・替え時がわかりやすい
・環境に優しい
・バリュエーションが豊富

という4つの魅力を紹介します!

洗剤がいらない

メラミンスポンジは硬さと網目を効果的に用いて、物理的な力で汚れを除去します。

そのため、化学的な力=洗剤がいらないのです。これは大きな魅力ですよね。洗剤のコストがかかりません。

さらに、机や壁を舐めてしまいがちな小さなお子さんがいるご家庭は、安心感もありますね♪

替え時がわかりやすい

メラミンスポンジは、消しゴムと同様に、使えば使うほど削れて小さくなっていきます。

つまり、中身が見えない洗剤とは異なり、見た目で購入の時期を判断することができるのです。

お掃除をしようと思ったときに、掃除道具がなかったら嫌ですよね。そんな悩みもメラミンスポンジなら解消できます♪

環境に優しい

メラミンスポンジは、普通のスポンジと違って洗剤いらず。そのため、下水道に洗剤が流れることがなく、河川を汚すことがありません!

一方で、メラミンスポンジで削ったあとにできる「削りカス」は環境に悪いのではないかと思われるかもしれませんね。

この削りカスはとても小さいので、下水処理場できちんと処理されます。とても環境に優しいんですよ!

バリュエーションが豊富

メラミンスポンジは、厚みや大きさのバリュエーションがとても豊富。

・サイコロ状に切れているタイプ
・まな板くらいの大きさがあるタイプ
・持ち手がついているタイプ

など、さまざまです。

さらに、メラミンスポンジはハサミやカッターで簡単に切ることができます。そのため、用途や汚れに合わせて、お好みの形にして使えますよ。

使用する前に知りたい注意点

それではメラミンスポンジを活用していきましょう!と言いたいところですが……。

メラミンスポンジは、何でも落としてくれる!
メラミンスポンジ万能!
とりあえず、汚れにはメラミンスポンジ!

なんて、使い方をしていませんか?実はそれ、結構危険なんです!

メラミンスポンジは汚れを削り取る、いわば研磨剤のようなものなので、使用してはいけない場所があるんですよ!

人体

いきなりすごいのがきましたね。ですが、絶対に守ってほしいのがこちら。

メラミンスポンジを、人体には決して使わないでください!

なんと、ホワイトニングは高いから、とメラミンスポンジで歯を白くしようとする人がいるようです。

ただそれは、エナメル質という歯を守るものが傷ついてしまいます…!

削れたカスを飲み込んでしまう危険もありますよね。絶対に使ってはいけませんよ!

コーティングされたもの

コーティングされたもの…?ピンと来ないかもしれませんがこんなものがあります。

・ワックスがかけられたフローリング
・くもり止めコーティングがされた
・コーティングが施された浴槽便器の内側
のボディやフロントガラス
ホワイトボード

コーティングをされているものには、メラミンスポンジを使わないでください。

せっかくかけているコーティングが、取れてしまいます。困りますね。

塗装されたもの

ベランダの床や机・椅子などに汚れが…「よし、メラミンスポンジの出番だ!」と思わないように!

このようなものは、ペンキで塗装されているケースがあります。

せっかく塗装したペンキが剥がれたら嫌ですよね。気をつけてください!

光沢のあるもの

光沢は、表面がものすごーく平らのときにできます。ステンレス製のシンクなんかが光沢のあるものにあたります。

そんな光沢があるものに、メラミンスポンジを使うと、表面に凸凹ができてしまうのです。

そのせいで、せっかくの光沢が台無しに!なんてことにならないようにしてくださいね。

光沢がなければ、ステンレスやプラスチックにも使えます。ただしその場合も、目立たないところで試してから使うようにしましょう。

漆器や陶器

漆で塗られた漆器は、汚れ落ちがよかったり、断熱効果があったりするもの。

でも、メラミンスポンジを使ってしまうと、その効果が失われてしまいます…!

また、陶器も同様にメラミンスポンジを使い続けると光沢がなくなって、汚れもつきやすくなるので、注意してくださいね♪

メラミンスポンジの正しい使い方

注意点を確認したところで、ここからは実際にメラミンスポンジを使ってみましょう!

まずは正しい使い方から!普段なんとなく使っていると思いますが、正しい使い方を覚えるだけで、汚れを効率的に落とすことができるんですよ!

   手順   

1. 使いやすい大きさにカットする

ハサミを使って使いやすい大きさにカットしましょう!人差し指と親指でつまめる程度の大きさがオススメです!

2. 水で濡らす

たっぷり水を含ませるとその分汚れを落としやすくなります。水滴が落ちる程度まで濡らした後に、軽く絞るといいですよ♪

お掃除箇所にこすった時に「キシキシ」っと音がなっていたら、それは水分が足りない証拠。もう一度水を含ませましょう!

注意
ゴム手袋をつける

メラミンスポンジは、汚れを削り取るやすりみたいなもの。

素手で使っても問題のないのですが、強く握ってしまうと、肌荒れの原因になるかもしれないので、ゴム手袋をしてくださいね!

3. 汚れの箇所をこする

汚れが気になるところをこすっていきます。

POINT
削りカスは捨てる

メラミンスポンジは削って小さくなっていくときに、削りかすのようなものが出てきます。

替え時の目安になるのはいいけど…削りかすのお片付けは、しなければいけません。

削りかすは小さくて分かりにくいこともありますが、タオルを使ってお掃除しましょう。

4. 水気を拭き取る

最後に、乾いたタオルなどで乾拭きをしましょう!これで完了です!

洗剤を併用してさらに強力に!

先ほど紹介した使い方は基本的な方法ですが、メラミンスポンジと一緒に洗剤を併用することで、より頑固な汚れでも落とすことができるんですよ!

今回は重曹・クエン酸を使った効果的なお掃除方法を紹介しますね♪

重曹との併用

水に溶けると弱アルカリ性を示し、油汚れや焦げ付きをよく落とす重曹。

メラミンスポンジと一緒に使えば、さらに汚れの除去力が強化されるんですよ♪使い方を紹介しますね!

用意するもの

・65℃未満のぬるま湯 100mL
重曹 小さじ1杯
・スプレーボトル

   手順   

1. 重曹スプレーを作る

重曹スプレーは、ぬるま湯に小さじ1の重曹を溶かして、スプレーボトルに入れるだけです!

2. 汚れにスプレー

油汚れや焦げ付きが特にひどいところに、さっき作った重曹スプレーをふきかけます。

3. メラミンスポンジでこする

重曹スプレーをふきかけた箇所をメラミンスポンジでこすります。

たったこれだけ。とても簡単ですね♪

クエン酸との併用

水垢や石鹸カスが酷いところには、酸性であるクエン酸を一緒に使いましょう!

用意するもの

・水100ml
・クエン酸 小さじ2
・キッチンペーパー

   手順   

1. クエン酸水を作り、キッチンペーパーに染み込ませる

重曹の時と同様に、クエン酸水を作りましょう!作ったあとはキッチンペーパーに染み込ませます。

2. 汚れの周りにキッチンペーパーを巻く

こうすることで、クエン酸が蒸発しないようになります。この状態で1~2時間程度放置しましょう!

3. メラミンスポンジでこする

1~2時間程度放置したら、メラミンスポンジの出番。こすると頑固な水垢や石鹸カスがみるみる落ちていきますよ♪

【注意】塩素系の洗剤はダメ!

メラミンスポンジすごい!いろんな洗剤と一緒に使うとさらに汚れの除去力が上がるんだ!

ここまで読むとそんなことを思いますが、一緒に使ってはいけない洗剤もあるんですよ。

それはカビキラーのような塩素系の漂白剤。

一緒に使うと、汚れと一緒に表面が溶けてしまうので、後々汚れがつきやすくなってしまうのです。

注意してくださいね…。

活躍する場所【キッチン編】

正しい使い方は理解できましたか?ここからは、メラミンスポンジを大いに活用していきましょう!

・キッチン
・玄関
・ベランダ
・その他

の順に紹介していきます!まずはキッチンから。

毎日使うキッチンには、汚れが溜まりやすいので、メラミンスポンジが大活躍です!

蛇口などの水垢汚れ

蛇口についたぬめぬめな水垢って気持ち悪いですよね。

普通の洗剤ではなかなか取れない水垢もメラミンスポンジを使えば、しっかり落ちますよ!

長年の不快感をぶつけてみてくださいね。

小さくカットしたメラミンスポンジをシンクに置いておくと、毎日気軽にお掃除できるのでオススメですよ♪

コンロの油汚れ

キッチンのコンロに油汚れがついてしまうのは、避けられませんよね。

しつこくてベトベトする油汚れは、とっても落としにくいもの。

そんな油汚れもメラミンスポンジでしっかり削り落としましょう!

キッチンの油汚れには、メラミンスポンジの他にも効果があるものがあります。

たとえば、お米のとぎ汁や、みかんの皮。なんと、ビールも使えますよ!

くわしいお掃除の方法は、「キッチンの油汚れには重曹がきく!お米のとぎ汁・みかんの皮も活躍!」をチェックしてみてくださいね♪

魚焼きグリルの焦げ付きや臭い

魚焼きグリルのお掃除でも、メラミンスポンジは活躍します!汚れが溜まってしまう前に、こまめにお掃除しましょう。

魚焼きグリルは、「網、受け皿、本体(庫内・操作パネル)」のお掃除が必要です。

このうち、メラミンスポンジは、特にのお掃除に役立ちます。こびりついた焦げがみるみる落ちていきますよ♪

パーツごとのくわしいお掃除の方法は、「魚焼きグリルの庫内や網の焦げや臭いを簡単に落とせる掃除方法を紹介」をチェックしてみてください!

冷蔵庫の中

食品が倒れてしまったり、ふたがきちんと閉まっていなかったり。

調味料や食品で汚れてしまいがちな、冷蔵庫の中。でも、もちろん水で流すわけにはいきません。

冷蔵庫は、なかなか大がかりお掃除ができないので、困ってしまいますよね。そんな冷蔵庫の中には、メラミンスポンジを使いましょう♪

スポンジの削りかすはきちんと掃除してくださいね。

冷蔵庫をもっと徹底的にお掃除をしたくなったら、「冷蔵庫の掃除には重曹が安心!3ヶ月に1回、食材が少ないときに実行」を参考にしてみてください!

オーブントースター

オーブントースターもコンロと同じように、焦げ付きや油汚れが悩ましいですよね。

オーブントースターの中の汚れ落としにも、メラミンスポンジが便利です♪

オーブントースターにこびりついたコゲには、重曹ペーストも効きます。

ピカピカにするくわしい方法は、「オーブントースターの掃除は重曹とセスキ炭酸ソーダでピカピカになる」をチェックしてみてくださいね。

活躍する場所【玄関編】

玄関は言ってみれば家の「顔」みたいな存在なので、キレイに保ちたいですよね。

メラミンスポンジを使えば隅々まで綺麗になりますよ!

玄関の床

玄関の床って水で洗い流すことができないので、お掃除に困りますよね。特にタイルを使用しているご家庭は、継ぎ目の汚れを落としたいもの。

そんな玄関の床の汚れ落としにも、やっぱりメラミンスポンジ♪床に水をかけて、メラミンスポンジでゴシゴシしましょう。

注意
大理石では使わない!

大理石はとても繊細なものなので、研磨剤に近いメラミンスポンジは絶対に使ってはいけませんよ!

玄関の床をお掃除する方法や、玄関の日ごろのお手入れの仕方は「玄関の掃除はメラミンスポンジと歯ブラシで細かい汚れもこすり落とす」で確認してみてください♪

ドアノブ

え、ドアノブってお掃除必要なの?と思いますが、手垢などで意外と汚れているんですよ…。

そんな汚れもメラミンスポンジでゴシゴシ♪綺麗に保ちましょう!

活躍する場所【ベランダ編】

砂ボコリにさらされているベランダは、汚れがたまりやすい場所。

ちゃんとお掃除してますか?今までサボっていたそこのあなた、メラミンスポンジで手軽にお掃除しましょう!

窓ガラス

窓ガラスについた水垢や砂ボコリにはメラミンスポンジの出番!傷つけない程度にこすれば、これらの汚れを除去できますよ♪

注意
コーティングされた窓ガラスには使えない

メラミンスポンジをコーティングされたものに使用すると、コーティングが剥がれてしまいます。注意してくださいね!

窓ガラスのお掃除についてもっと詳しく知りたい人は「窓ガラスの掃除にストッキングを使うのがコツ!軽めの汚れなら新聞紙」を読みましょう。

コーティングされた窓ガラスのお掃除方法も載ってますよ!

網戸

網戸って汚れ目立たないと思いますが、屋外の土ボコリや排気ガス、手垢などでとても汚れているんです。

そんな汚れもメラミンスポンジなら、細かい網目で汚れをかき出してくれますよ

削りカスがボロボロと落ちてくるので、事前に新聞紙を敷くのがオススメです!

網戸はメラミンスポンジ以外の道具でもお掃除することができます。

詳しくは「網戸のお掃除方法は新聞紙で簡単に!オススメ便利グッズ3つも紹介!」をチェック!

活躍する場所【番外編】

最後に番外編としてスーツのお手入れにメラミンスポンジを使用する方法です。

スーツにメラミンスポンジというのは、ちょっと意外な使い方かもしれません。

でも、ポリエステル製のスーツなら、メラミンスポンジがお手入れに役立ちますよ♪

テカリが気になる部分を軽くこすって、ブラッシングしましょう。

テカリを取る方法は他にもあります。スーツにテカリができる前に、予防することも大切です。

詳しいお手入れ方法は「スーツのテカリを予防するアイテムはお家にあるもので簡単に作れる♪」をチェックしてみてくださいね!

メラミン樹脂は、意外と身近な素材!

おまけとして、メラミン樹脂のこと、少しだけ詳しくなってみませんか?

メラミンってなんだか聞きなれないなあ、と感じる方もいると思います。でも、実は、メラミン樹脂は、意外と身近なものにも使われている素材なのです。

その代表例が、コップやお皿などの食器と、ロッカーや棚などの事務用品です。

メラミン樹脂を成形して使う

みなさんは、普段どんな食器を使っていますか?

陶磁器ですか?プラスチック製ですか?

陶磁器は、落としたら割れてしまいますが、はかなさ、無常さも含めて、陶磁器が好きという方は多いのではないのでしょうか?。

でも、軽くて丈夫だから、断然プラスチック推し!という方もいると思います。

実は、プラスチック製の食器の中には、メラミン樹脂でできたものがあるのです。家庭用だけでなく、学校や病院用の食器にも使われています。

なんと、メラミン樹脂の熱に強いという特徴を活かして、お玉やフライ返しもあります!

フライパンや鍋のフチに触れても、変形する心配なし。嬉しいですね♪

メラミン樹脂を塗料として使う

塗料というと、ペンキのように色をつける道具をイメージしますよね。

でも、メラミン樹脂の場合は、焼付塗装という方法に使われます。

焼付塗装とは
金属の表面に、液状のメラミン樹脂を塗ったあと、加熱して樹脂を硬化させて、金属と一体化させる方法

オフィスでよく使われる机やロッカーや棚に、メラミン樹脂の焼付塗装がされていることがあります。メラミン樹脂、大活躍です。

メラミンスポンジは、建物にも使われる

メラミンスポンジには、耐熱性や燃えにくい性質、音を吸収する性質があります。さらに、とても軽いので、建物に使うにはもってこいなのです。

どうでしょう?なんだか、メラミン樹脂が身近な存在に感じられませんか?

わたしたちの暮らしは、メラミン樹脂に守られてるんですね。ありがとう!メラミン樹脂!

どのメラミンスポンジ商品がいいの?

さて、少し話をもどしてメラミンスポンジ商品についてです。
上でもご紹介したように、本当になんでもどこでも使える優れたアイテム♪

これだけ優秀な素材ですから、各メーカーが放っておく訳がありません。
各社さまざまな商品を発売しています。

では一体、どの商品を選べばいいのでしょうか?
お店に行っても迷ってしまいますよね。

そこで今回は、オススメのメラニンスポンジ製品をピックアップしてみました!
これから使ってみたい!という方は、ぜひ参考にしてみてください♪
それでは見ていきましょう。

選ぶポイントは?

まず抑えておきたいのが選ぶポイント。
最悪これから紹介する商品名前を忘れても、ここさえ押さえておけば大丈夫。
お店に行って自分で選ぶことだってできるようになりますよ♪

選ぶ基準は、基本的に以下の3つ。

汚れを落とせるのか

一番大切なポイントですね!
とはいえ一目で判断するのは難しいところ。
通販サイトのレビューや口コミを参考にしてみましょう♪

スポンジのサイズ

上でもお話したように、サイコロサイズ~まな板サイズまであります!
とりあえず使ってみたいという方はサイコロサイズが便利でしょう。
初めからカットされているので、そのまま使えます。

逆にある程度は慣れていて、自分の好みのサイズにしたいという方はまな板サイズ。
いわゆるフリーカットサイズと呼ばれるものを選ぶといいですね。

長持ちするのか

節約面でも大切なポイント。
できることなら長持ちして欲しいですよね??

とはいえ、こちらも一目で判断できません。
同じくレビューや評価を参考にするか、実際に使っていく中で探っていきましょう♪

メラミンスポンジのおすすめ商品を紹介!

レック 激落ち ポイポイ


レック 激落ち ポイポイ ( メラミンスポンジ )

メラミンスポンジと言ったらコレ!!
誰もが見たことのある絶対王者でしょう♪

汚れ落としの実績は、言わずと知れていますよね。
濡らして擦るだけで、大抵の汚れは落ちてしまいます♪

20個にカットもされているので、使いたい時にすぐ使えます。
さらにコスパも良く、この性能で驚きの150円!!

一度試してみたい方はこれを選べば間違いないと思いますよ♪

レック 激落ち MEGA

レック 激落ち MEGA ( メラミンスポンジ ) S-698

レック激落ちくんシリーズの特大サイズバージョンもおすすめです♪

特筆すべきはその大きさ耐久力

浴室など、広い場所の掃除にとても効果的ですよ!大掃除の際にも大活躍してくれます!

スコッチブライト バスシャインシリーズ メラミンスポンジ


3M お風呂掃除 スポンジ メラミン 波型 2個 スコッチブライト バスシャイン B-84

アメリカ産の商品で、お風呂を洗うことに特化したシリーズです!

その種類が本当に豊富で、取っ手の付いたものから変な形のスポンジまで。
ざっと見ただけでも12種類はありましたよ♪

そして今回のメラミンスポンジも独特な波型形状をしています。
カットして使うタイプではなく、手にフィットするように設計されているのですね!
耐久性に関しても、レビューや口コミを見るかぎり大丈夫そうな印象でした。

値段は少し高い気もしますが、種類が豊富なのできっとお掃除が楽しくなりますよ♪”

まとめ

いかがでしたか?

洗剤のように洗い流すのではなく、削ることで汚れを落とすメラミンスポンジ。

万能かと思っていましたが、その性質ゆえに使えない場所がとても多いのです。コーティングされたものや車のボディ、漆器に陶器。そして、人。

しかし、正しく使えばやはり便利。特に、スーツに使えるだなんて知らない人も多かったのではないでしょうか?

その他にも、キッチン玄関のお掃除はメラミンスポンジであっという間に綺麗になります。ぜひこの機会に、活用して掃除してみてくださいね!

関連記事

NEW濡れた本は冷凍すると元通りに!?ズボラな人でもできる超簡単な方法

「本や教科書が雨で濡れてしまった!」「風呂場で読書をしていたら落としてしまった…」 みなさんにはこんな経験はありませんか? どれだけ大切にしていても、何かの拍子に濡れてしまう事もありますよね。 でも大丈夫です!一度濡れて […]

カビナイトやらないと!塩素不使用の魔法のカビ取り洗剤使わないと!

突然ですが、皆さん。 「カビナイト」って知っていますか? え…?知らないって…? え…?知らないの…? 「カビナイトをやらないと、人生の7割損しますよ!」 というのはさすがに冗談ですが、カビナイトは知ってて損がない塩素不 […]

コストコの掃除グッズお得でおすすめ!部屋中の使用方法を5つ紹介!

みなさんはいつもお掃除道具や洗剤をどこで買いますか? スーパーや薬局に、最近ではセリアなどでも色んな商品が売っていますよね♪ 今回は、お得にまとめ買いする場所と言ったらコストコ~♪ そう、コストコのお掃除商品を5種類紹介 […]

ウルトラハードクリーナーの衝撃はその名前ではなく効果にありました

「ウルトラハードクリーナー」かなりインパクトのある名前ですよね。 英語でウルトラハードは極端にたくましい、という意味です。 極端にたくましいクリーナーっていったい何なんだ…。 そんな正体不明のウルトラハードク […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]