LET'S VIBRAM SOLE

アスクマイスター

あなたのマイスターに登録している2,500人のプロが、皆さんのあらゆるお悩みに答えます

楽器を保管する時は弦を緩めた方が良いですか?

関連している質問をみる

お店の回答まとめ

楽器の種類にもよりますが、ネックが曲がってしまわないために、ペグ半巻き分ほど緩めた方がいいです。あまりにも緩めすぎると、弦の張力と反対に作用するアジャストロッドとのバランスが崩れてしまうため、注意が必要です。

お店のすべての回答をみる

修理の頼みかた簡単3ステップ

さらに詳しく

1.写真を撮る

写真を撮って、頼みたい職人さんに送ります。

2.相談する

修理内容の提案や金額の見積もりが届きます。職人さんと相談して修理内容を決めます。

3.直したいものを送る

職人さんに直したいものを送ります。

お店の回答一覧

楽器を保管する時は弦を緩めた方が良いですか?

アコースティックの弦楽器(ボディが空洞)の弦は、緩めて管理します。ぺぐを何巻き緩めるや、何音下げる等、難しく言われる事も有りますが、基本的に緩い分にはいくら緩くても構いません。フォークギターでは、レギュラーチューニングしてある状態で70数キロの張力が掛かってい…

アコースティックの弦楽器(ボディが空洞)の弦は、緩めて管理します。ぺぐを何巻き緩めるや、何音下げる等、難しく言われる事も有りますが、基本的に緩い分にはいくら緩くても構いません。フォークギターでは、レギュラーチューニングしてある状態で70数キロの張力が掛かっているので、ネックジョイント部のボディの変形が進みネックの角度を狂わせない為です。他にもブリッジやトップ、ネック本体に対しても不具合が発生しない為の管理の基本です。ソリッドのエレキにおいてはネック反りの心配だけですが、フォークギターより張力が弱いクラシックギターやエレキにおいても、弦はゆるめて管理する事をお奨めします。

すべてを表示する

基本的には保管時に弦を緩める必要はありません。よくネックに力がかかった状態は良くないと言う方が居ますが、ネックには弦の力だけでは無くトラスロッドの力もかかっており、チューニングされた状態はこの力のバランスが取れた状態です。弦だけ緩めると弦の張力とは反対方向に力…

基本的には保管時に弦を緩める必要はありません。よくネックに力がかかった状態は良くないと言う方が居ますが、ネックには弦の力だけでは無くトラスロッドの力もかかっており、チューニングされた状態はこの力のバランスが取れた状態です。弦だけ緩めると弦の張力とは反対方向に力がかかるだけになります。他の弦楽器(バイオリン等)も弦を緩めたりはしません。ただし、アコースティックギターの場合は弦の張力によりネックでは無くボディの変形が発生しますので少し緩める方が良い場合です。ギターには個体差もありますし、利用環境による違いもありますので正しい判断ができる専門家(意味も無く弦を緩めなさいとか言うような人は信じてはダメです)にギターや使用環境を伝えて判断してもらうと良いです。

すべてを表示する

そうですね!ほとんどの楽器は基本的には弦を緩めた方が良いです。緩めないでいいものもありますが、確率は低く、頑丈な木を使っているものに限られます。ほとんどの楽器の場合、緩めないと木が曲がってしまいます。

全てがそうと言えませんが、張っていてネックが反る確率と緩めていてネックが逆反る確率を考えれば圧倒的に緩めておいた方が良いです。また、アコースティックギターの場合はマホガニーネックのモノが多いのと、トップ板が膨らんできたり、ネックが元起きする可能性も加わりますの…

全てがそうと言えませんが、張っていてネックが反る確率と緩めていてネックが逆反る確率を考えれば圧倒的に緩めておいた方が良いです。また、アコースティックギターの場合はマホガニーネックのモノが多いのと、トップ板が膨らんできたり、ネックが元起きする可能性も加わりますので、緩める事をお勧めしています。

すべてを表示する

クラシックギターにおいては、緩める必要はありません。古いものであると緩める必要もありますので、各台に応じてご判断いただくのが良いかと思います。

クラッシックギターでは、毎日弾く場合はそのままで、良いと思いますが、長期間弾かない場合は、半音程緩めた方が良いでしょう。

毎日弾くギターでしたら、緩めずにお使い下さい、しばらく弾かないのでしたら、弦を緩めてください

楽器にも依りますが24時間以上弾かないのであればペグ半巻き分ほど緩めておくことは効果的ですが個体に依りますのでメーカーにお問い合わせすることをお勧めします。

楽器の種類によります。一般にネックの順反り(ネックが弓なりに曲がる事)防止の為に緩めた方がいいとされてますが、ネックには弦の張力と反対に作用するアジャストロッドというものが入っています。このバランス調整でネックを真っ直ぐな状態にしているので、弦を緩め切ってしま…

楽器の種類によります。一般にネックの順反り(ネックが弓なりに曲がる事)防止の為に緩めた方がいいとされてますが、ネックには弦の張力と反対に作用するアジャストロッドというものが入っています。このバランス調整でネックを真っ直ぐな状態にしているので、弦を緩め切ってしまうとそのバランスが崩れてしまう為、反り防止という意味では緩めすぎはあまり効果的とは言えません。ただ、クラッシックギターにはこのロッドが無いので、これについてはある程度有効です。緩めた方がいいケースは、フォークギターなどのトップ浮き(ブリッジを中心に表板が膨らむ現象)防止には各弦1〜2音程度。またマホガニー材のネックは転倒させるとかなりの確率でネックが折れるので、この場合はベロベロに緩めます。運搬時など倒す可能性が上がる時には有効です。つまり、それぞれの楽器でどこの負担を減らしたらいいかによって判断するべき事になるので、自分で判断が難しい場合はプロに相談して下さい。

すべてを表示する

お悩みランキング

1位

ゴルフ用品の修理を急ぎでお願いしたいのですが、日付指定は可能ですか?

作業内容と他の方の作業の込み具合にもよりますが、なるべく対応させて頂き… 詳しくみる

2位

楽器の修理中に品物が破損した場合に保証などはありますか?

作業内容と他の方の作業の込み具合にもよりますが、なるべく対応させて頂き… 詳しくみる

3位

楽器修理の見積もりの方法を教えてください。

作業内容と他の方の作業の込み具合にもよりますが、なるべく対応させて頂き… 詳しくみる

4位

楽器の修理をしていて、お客さんに満足していただいたと思う瞬間はどんな時ですか?

修理に出す前よりも音が良くなった、弾きやすくなった等のコメントがいただ… 詳しくみる

5位

楽器の修理で、同じ作業内容でも、プロによって作業時間や作業日数に違いがあるのはなぜですか?

お待ちいただく期間は殆どが順番待ちによるものです。ですので、作業のスピ… 詳しくみる

作業事例から見積もりを依頼

Before

After

■参考価格:30,000円■ブランド:--■Gretschのネック折れ。以前に持... すべてを見る

Before

After

■参考価格:6,000円■ブランド:--■ヤマハのナット交換元々のナットはプラス... すべてを見る

Before

After

■参考価格:1,000円-■ブランド:-■キズ補修キズの処理については、キズの深... すべてを見る

Before

After

■参考価格:¥45,000-(税別) ■ブランド:Gibson 他 ■リフレット... すべてを見る

Before

After

■参考価格:6,000円-■ブランド:-■弦溝を掘る際には専用ヤスリが便利です。... すべてを見る

Before

After

■参考価格:54,000~108,000円■ブランド:-■バインディング、ピック... すべてを見る

普段の生活でお悩みができたら、ぜひこちらにお問い合わせください!

カテゴリーから探す

カテゴリーからプロを探す

新着口コミ

Hiroさん(30代男性)

楽器修理(エレキギター・ベース修理)

GIBSONレスポールのネック折れ修理

星星星星星 5.00

自分の不注意によりネックを折ってしまい、いくつかのサイトで修理見積もりを出したところ、どこも補強込みの高い金額でした。 ルーンギターメンテナンスさん... 詳しくみる

匿名希望(30代男性)

楽器修理(エレキギター・ベース修理)

子供のギターを直してもらいました

星星星星星 4.80

おもちゃみたいな子供のギターでしたが、事前にリスク面もお伝えいただいた上で修理してもらえたので大変安心しました。今では以前のように子供が楽しそうにギタ... 詳しくみる

月間ランキング

注目のプロ

閲覧履歴