ハウスクリーニング

車の修理・お手入れ

カバンの修理・お手入れ

靴の修理・お手入れ

時計・アクセサリーの修理・お手入れ

衣服のお直し・クリーニング

趣味で使うものの修理・お手入れ

リメイク

家具・インテリアの修理・お手入れ

家電の取り付け・設定

家電の修理・お手入れ

デジタル保存

リフォーム・家の修繕

防犯対策

造園・庭木のお手入れ

害虫・害獣駆除

その他

エアコンクリーニング キッチンクリーニング 換気扇クリーニング お風呂・浴室クリーニング 洗面所クリーニング トイレクリーニング 洗濯槽・洗濯機クリーニング 水回りクリーニング 戸建て・一軒家クリーニング マンションクリーニング ベランダ・バルコニークリーニング 窓掃除・サッシクリーニング 冷蔵庫クリーニング お部屋の消臭・脱臭 ノロウイルス消毒 室内除菌・消毒 ハウスクリーニングトップ 車クリーニング 車コーティング カーフィルム タイヤ交換・取付 車の修理・お手入れトップ カバン修理 鞄クリーニング カバンの修理・お手入れトップ 靴修理 靴クリーニング 靴磨き 靴の修理・お手入れトップ ジュエリー・アクセサリー修理 時計修理 ジュエリー・アクセサリー鑑定 時計・アクセサリーの修理・お手入れトップ 宅配クリーニング 着物クリーニング 洋服お直し 着物お直し 衣服のお直し・クリーニングトップ ぬいぐるみクリーニング ゴルフ用品修理 楽器修理 刃物の研ぎ直し・メンテナンス修理 趣味で使うものの修理・お手入れトップ ランドセルのリメイク ジュエリー・アクセサリーのリメイク リメイクトップ 布団クリーニング 椅子・ソファークリーニング マットレスクリーニング 椅子張り替え・修理 ソファー張り替え・修理 テーブル修理 タンス修理 家具・インテリアの修理・お手入れトップ エアコン取り付け 家電の取り付け・設定トップ スマホ修理 iPhone修理 Android修理 エアコン修理 テレビ修理 暖房機器・ヒーター修理 洗濯機修理 掃除機修理 食器洗浄機修理 電話機・FAX修理 オーディオ機器修理 DVD・ブルーレイプレイヤー修理 ストーブ修理 冷蔵庫修理 家電の修理・お手入れトップ ビデオのデジタル保存 写真・ネガのデジタル保存 映像・画像のデータ複製 デジタル保存トップ フロアコーティング 畳の張替え(表替え) ふすま張り替え 障子張り替え 網戸張り替え 壁紙・クロス張り替え 外壁塗装 外張り断熱工事 雨漏り修理 水漏れ修理・トイレつまり修理 給湯器修理・交換 窓ガラス修理・交換 サッシ修理 ドアノブ・シリンダー修理 リフォーム・家の修繕トップ 防犯窓の取り付け 防犯対策トップ 庭木・植え込み剪定 芝張り 草刈り 庭木の伐採・抜根 庭石の配置 造園・庭木のお手入れトップ ハチ駆除・退治 シロアリ駆除・退治 ゴキブリ駆除・退治 コウモリ駆除・退治 ハト駆除・退治 ネズミ駆除・退治 ハクビシン、アライグマ、イタチ駆除・退治 ノミ、ダニ駆除・退治 ムカデ駆除・退治 害虫・害獣駆除トップ アンテナ取り付け パソコン設定 洗濯機設置 ウォシュレット取り付け 食洗機の交換・取り付け(卓上タイプ) プレミアム年間パス 家具組み立て 家具組み立て ソーラーカーポート設置 その他トップ

アスクマイスター

お掃除やお手入れに関するお悩み・疑問を、2,500人のハウスクリーニングや修理のプロが、解消してくれる場です。3,000個の質問に対して、10万件以上の回答があり、全て無料で見ることができます。暮らしを豊かにする一歩にお役立てください。

プロのお掃除業者さんが思う、お風呂を掃除する際にやってはいけないこと、気を付けなければならないことはありますか?

関連している質問をみる

業者さんの回答まとめ

お風呂のお掃除では、たくさんの洗剤を使います。「まぜるな危険」には要注意です。必ず換気をしながらお掃除するようにしましょう。また、擦り過ぎで傷をつけてしまうこともあります。優しくお掃除するようにしましょう。

業者さんのすべての回答をみる

お風呂・浴室クリーニングの料金の相場

浴室・浴槽 13,000~17,000円(税込)
風呂釜洗浄 15,000~20,000円(税込)

お風呂・浴室クリーニングの業者さんを、お住まいの地域と日付を決めて予約が可能です。

業者さんの回答一覧

プロのお掃除業者さんが思う、お風呂を掃除する際にやってはいけないこと、気を付けなければならないことはありますか?

カビ取り剤など塩素系の洗剤を使用する事が多いと思いますが、窓を開けたりと必ず換気をして作業しましょう。絶対に酸性の洗剤など他の洗剤と混ぜないように。

洗剤をかけてずっと待ち続けることです。

かたいものでこすらない。

樹脂のため、硬い道具では清掃はしないこと。

汚れが落ちないからといって硬い金ダワシなど表面に傷が付くものは使用しないほうがいいです。

カビ取り剤とほかの洗剤を混ぜることです。)

アルカリ性の薬品と塩素系の薬品は同時使用をしてはいけません

お風呂掃除で気を付けなければならないことは薬剤の付けっ放し、流し忘れです。例えばカビ取りの薬剤を使う際に浴室の汚れていない壁面に流れたままで放置しておくと、壁の色が変わってしまう恐れがあるからです。

お風呂掃除の前にドア周りの養生をしないと、水漏れすることがあります。

こすり過ぎの注意と、洗剤を混ぜないことです。有毒なガスが発生する恐れがあります。

洗剤の取り扱いには十分気をつけていただきたいですね。混ぜるな危険と書いているものは絶対に混ぜないでください!

一番気を付ける点は洗剤を使用方法です。酸性の洗剤と塩素系の洗剤を混ぜると有毒ガスが発生するため行ってはいけません。後は素材を傷つけないように等も非常に気を付けて作業しております。

専用の洗剤を使うので、お風呂を締め切ってやると命取りですね。

クリーニングで重要なのは素材を傷つけない事です。ですのでスポンジ等の硬さには要注意です。

まず第一に、「怪我をしない、モノを壊さないように注意すること」が大切だと考えます。換気扇を切らずに換気扇の掃除をすることはやってはいけません。また、洗剤や道具を正しく使用することも大切です。混ぜると危険な洗剤もあるので、ご自身で掃除をするときにはご注意ください…

まず第一に、「怪我をしない、モノを壊さないように注意すること」が大切だと考えます。換気扇を切らずに換気扇の掃除をすることはやってはいけません。また、洗剤や道具を正しく使用することも大切です。混ぜると危険な洗剤もあるので、ご自身で掃除をするときにはご注意ください。使用する洗剤によっては手袋やマスクを着用することも必要です。浴室は滑りやすいのですし、かがんで作業することも多いので膝や腰に不安のある方は、無理なさらずハウスクリーニング業者に頼みましょう。

すべてを表示する

薬剤の流し忘れです。薬剤を流し忘れると、壁の色が変わってしまう恐れがあるからです。

浴室にある水垢など固着の強い汚れを力任せに擦ったりしてしまうと素材そのものに傷がついてしまう可能性があります。 傷などがついてしまうとそこに汚れがつきやすくなってしまいますのでご自身で難しいと思われる汚れがありましたら是非ご依頼ください。

浴室の素材により使用不可の洗剤がございます。変色、劣化の原因になります。

危険性の高い薬剤の複合と備品破壊には最大限の注意をさせて頂いております。汚れや臭いの元となる箇所の落とし忘れに気を付けております。

お風呂場の素材を痛めつけないことは気を付けています。汚れが落ちづらい場合、市販では販売されていない洗剤を使用することがありますので、現場で調合して清掃するようにしています。

塩素系洗剤を使う場合に注意します。ステンレスやアルミ、天然石を変色させてしまう可能性があるので細心の注意を払います。材質によって汚れ落としを断念することもあります。

ユニットバスの場合シンナーは使えません。漂白剤は密閉した状態で使用されると中毒の危険があります。クロームメッキされた金属類は研磨剤の入ったスポンジなどで磨くとメッキが?がれます。

中腰の作業が多くなると思いますが、腰を悪くしないように気を付けてもらったらいいと思います。

壁、器具などを、硬い掃除道具で洗わないようにしましょう。

浴室を締め切りにしての作業。薬剤の性質を考慮せずむやみに使用してガス等を発生させてします事。換気面に気を付けないでの作業。

浴室用洗剤は、臭いなど人体への悪影響が高いものになりますので、マスクや手袋、場合によっては保護メガネを着用し、よく換気を行いながら作業を行ってください!

いろんな洗剤を混ぜて行うことです。有害なガスが発生する場合がありますので...「混ぜるな危険」です。

酸素系の洗剤と塩素系の洗剤を合わせて使用しない。照明器具のカバーを外した際は水がかからないようにする。換気扇のモーターも水がかからないようにする。研磨する(スポンジでこするなど)場合は素材が柔らかいとキズになってしまいます。

お風呂周りを傷つけることです。

当然ですが、塩素系の洗剤(ハイターなどのカビ取り剤)と酸性洗剤(サンポールなど)を混ぜることです。あとは壁面などの素材に適さないスポンジ、パット類の使用は傷や破損の原因になります。

お風呂は複合汚れといっていろんな種類の汚れが重なって汚れています。ですので洗剤も酸性のものやアルカリ性、塩素系のものなどを使用するのですが、塩素系の洗剤と酸性の洗剤を混ぜると有毒ガスが発生するのでその点はかなり注意して作業しています。また、素材によっては洗剤で…

お風呂は複合汚れといっていろんな種類の汚れが重なって汚れています。ですので洗剤も酸性のものやアルカリ性、塩素系のものなどを使用するのですが、塩素系の洗剤と酸性の洗剤を混ぜると有毒ガスが発生するのでその点はかなり注意して作業しています。また、素材によっては洗剤で焼けてしまうものやスポンジで磨く時に傷がついきやすい素材もありますので、そういったものを見分けて作業をしています。

すべてを表示する

代表に洗剤の用い方があります。アルカリと酸性を混ぜると洗浄力が下がります。塩素系と酸性をまぜると有毒ガスが発生します。またスポンジの固い面を使うと、汚れは落ちますが傷もつきます。

酸性の洗剤と塩素系の洗剤を混ぜてしようすると有毒ガスが発生し危険です。

気になる汚れを見つけ、どうしても取りたいので必要以上に擦ったり・固いものを使用されますと、傷が入りやすいので気を付けて頂ければと思います。 曇り止め加工されている鏡も取り扱いに要注意となります。

塩素系の薬剤と、酸性の薬剤を同時に使用するのは絶対に避けてください。混ぜるな危険です。本当に危ないのでやめてください。それ以外では、浴室を傷付けてしまう道具は避けた方がいいと思います。汚れが付着しやすくなります。また、清掃箇所により道具を変えるのも重要です。

浴室クリーニングで注意するのは清掃用具や洗剤の選択です。使い方を間違えると素材を傷付けたり変色してしまいます。カビを除去する塩素と水垢を除去する酸性洗剤の同時使用は有毒ガスを発生させる為非常に危険です。

浴室清掃に際には薬剤が混ざらいないようにすることと換気をすることをお勧めします。

お風呂を掃除する際にやってはいけないこと、気を付けなければならないことは器具類を破損しない様な細心の注意。

お風呂掃除をする際にやってはいけないことは、硬いタワシなどで擦らないことです。

基本的な事ですが、酸性洗剤とアルカリ性洗剤を混ぜない事です。

注意点は、まぜるな危険の洗剤は絶対に混ぜない事です。あと、一部の洗剤を使用すると、お風呂の素材によってはとコーティングがはがれ変色することもある為注意しております。

お風呂掃除で気を付けなければならないことは薬剤の残りです。場合によっては濃度を上げた薬剤でしつこい汚れを除去することもあり、その薬剤の中性化や流しが不十分なままだと、素材の変色や劣化を起こしてしまう恐れがあるからです。

お風呂の場合は汚れによって洗剤をかえます。なので、塩素系の洗剤と酸性の洗剤が混ざらないように気をつけます。塩素系の洗剤を使った後は入念に洗い流してから次の洗剤を使います。

アルカリ性の薬品と塩素系の薬品は同時使用をしてはいけません。

浴槽や壁、シルバー部分などの素材を傷つけないことです。 傷つけてしまうとそこから徐々に素材の破損が広がり、悪化して酷い状態になってしまうからです。

お風呂はガラスや樹脂などの、キズが入りやすい材質で構成されています。汚れを落とそうと思って、硬いスポンジやブラシを使いとキズが入って、そこにカビや汚れが入り込む原因となります。また、塩素系と酸性の洗剤が混ざらないように注意する事も重要です

専用洗剤、専用機材を使う中で、どれだけ傷をつけずに、きれいに仕上げるか。塩素系洗剤と、酸性洗剤を混ぜる事は、絶対やってはいけない事。有毒ガスが発生する為。

浴室では大まかに3種類の洗剤を使用します。アルカリ性、酸性、塩素系です。基本は塩素、アルカリ性、酸性というように混ざらないような手順を踏みます。その洗剤の使用の順番に気を付けないと死亡することさえあります。CMでもやっている様に酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜること…

浴室では大まかに3種類の洗剤を使用します。アルカリ性、酸性、塩素系です。基本は塩素、アルカリ性、酸性というように混ざらないような手順を踏みます。その洗剤の使用の順番に気を付けないと死亡することさえあります。CMでもやっている様に酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜることです。混ぜるな危険?です!有毒ガスが発生し死に至ります。これが一番に気を付けることです。

すべてを表示する

汚れが酷いからと言ってむやみに擦り過ぎると傷になったり破損したりします。私では無いのですが・・・以前伺ったお宅で別のクリーにングスタッフが鏡を擦り過ぎて割ってしまったらしく弁償問題でもめた話をお聞きしました。後は薬品を使うときは換気には十分気を付けないとなりま…

汚れが酷いからと言ってむやみに擦り過ぎると傷になったり破損したりします。私では無いのですが・・・以前伺ったお宅で別のクリーにングスタッフが鏡を擦り過ぎて割ってしまったらしく弁償問題でもめた話をお聞きしました。後は薬品を使うときは換気には十分気を付けないとなりません。

すべてを表示する

汚れの「放置」はやってはいけません!

自分でできるお掃除方法をご紹介

画像
毎日たった3分でできる浴室のカビ予防が効く!

お風呂・浴室クリーニングにお困りの方必読

画像
洗剤の職人さん厳選。すぐに使えるお風呂用カビとり洗剤3選

お風呂・浴室クリーニングのプロのお仕事が気になる方

画像
プロに頼むとこんなに違う!?プロの技の詳細をみる

お悩みランキング

1位

エアコンクリーニングの際に、分解したエアコンの部品は、どこで洗浄しますか?お風呂場を使ったりしますか?

基本的に浴室をお借りさせていただいています。もちろん部品の洗浄後は、浴… 詳しくみる

2位

エアコン掃除をしないといけない目安や合図はありますか?素人でもわかるエアコンクリーニング を頼む基準になるものがあれば教えてください。

エアコンの吹き出し口にカビがある。不快な匂いがする。冷えが悪い。風が弱… 詳しくみる

3位

マンションや一軒家のハウスクリーニングをお願いする際にも、その作業内容に「エアコンの簡易清掃」が含まれている場合がありますが、簡易清掃とエアコンクリーニング の違いはありますか?もし違いがあれば教えてください。

退去時や入居前等の空室清掃の場合、エアコンは室内機表面とフィルターの清… 詳しくみる

4位

ドラム式洗濯機の洗濯槽クリーニングをお願いすることはできますか?

はい。可能ですが業務によっては出来ないので確認が必要になります。 詳しくみる

5位

水回りクリーニングをセットで予約した後、別の箇所をお掃除してもらいたくなった場合、当日に掃除箇所を追加でお願いすることは可能ですか?

当日の作業開始前に、当時の作業スケジュールなどをお打合せさせて頂きます… 詳しくみる

普段の生活でお悩みができたら、ぜひこちらにお問い合わせください!

カテゴリーから探す

カテゴリーからプロを探す

新着口コミ

匿名希望

お風呂・浴室クリーニング

御礼(風呂場掃除)

星星星星星 5.00

とても丁寧なご対応でまた次回もお願いしたいと思います。 ありがとうございました。

匿名希望

お風呂・浴室クリーニング

素晴らしいお仕事でした

星星星星星 5.00

本日は丁寧なお仕事をありがとうございました。 頑固な汚れもすっきり、お風呂が見違えるように綺麗になりました。 対応も丁寧で安心してお任せできました... 詳しくみる

閲覧履歴