アスクマイスター

お掃除やお手入れに関するお悩み・疑問を、2,500人のハウスクリーニングや修理のプロが、解消してくれる場です。3,000個の質問に対して、10万件以上の回答があり、全て無料で見ることができます。暮らしを豊かにする一歩にお役立てください。

ギターのボディ素材の種類・特徴について教えてください。

関連している質問をみる

お店の回答まとめ

アコースティックギターとクラシックギターは、表面板が松か杉でできています。松は堅めな音色、杉は柔らかな音色が特徴です。エレキギターは、明るくて癖のないアルダーか、歯切れのいい音色のアッシュが一般的です。

お店のすべての回答をみる

修理の頼みかた簡単3ステップ

さらに詳しく

1.写真を撮る

写真を撮って、頼みたい職人さんに送ります。

2.相談する

修理内容の提案や金額の見積もりが届きます。職人さんと相談して修理内容を決めます。

3.直したいものを送る

職人さんに直したいものを送ります。

お店の回答一覧

ギターのボディ素材の種類・特徴について教えてください。

アコースティックギターでは、マホガニーとローズウッドが良く使われます、マホガニーは軽く明るい音が特徴です、ローズウッドは重く重厚なサスティーンが有る音です。

ギターでよく使われる素材として、フェンダー系はアルダー、アッシュが主ですね。アルダーとは最も標準的な材で、明るくて癖のない、音作りの面でも使いやすい材です。アッシュはライトウエイトというその名の通り軽い材が用いられますが、パリッとした歯切れの良いサウンドです。…

ギターでよく使われる素材として、フェンダー系はアルダー、アッシュが主ですね。アルダーとは最も標準的な材で、明るくて癖のない、音作りの面でも使いやすい材です。アッシュはライトウエイトというその名の通り軽い材が用いられますが、パリッとした歯切れの良いサウンドです。どちらもフェンダーの本拠地カリフォルニアの、サーフミュージックなんかにはうってつけの音です。一方、ギブソンでよく使われている材がマホガニーです。アメリカ南部メンフィスやミシシッピー辺りはブルース発祥の地で、そういう泥臭い音楽にバッチリはまったのがこのマホガニーです。中低域の強いウォームなサウンドはフェンダーとは対照的ですね。このマホガニーにメイプルというもっと硬くてハッキリしたトーンを持つ材を貼りつけるとレスポールのボディーになります。イメージ出来ましたでしょうか?

すべてを表示する

アルダーを基準にすればアッシュはドンシャリになります。

使用しているのは、ブラジルのハカランダ&インディアンローズウッドですが、私個人の感想ですが、ハカランダは、密度そして透明感の有る音、ローズウツドは軽やかで少し甘い音の様に感じます。

クラシックギターにおいては、表面板は主にスプルース(松)かシダー(杉)で作られています。スプルースの場合は、音色の幅や変化の幅が広く、固めな音色が特徴です。また、年数が経つと角が取れてだんだんシダーのように変化していくものになっております。プロは表現の幅が広い…

クラシックギターにおいては、表面板は主にスプルース(松)かシダー(杉)で作られています。スプルースの場合は、音色の幅や変化の幅が広く、固めな音色が特徴です。また、年数が経つと角が取れてだんだんシダーのように変化していくものになっております。プロは表現の幅が広いためスプルースを使われている方が多いです。シダーの場合は、最初から丸みがあり、やわらかな音色が特徴です。

すべてを表示する

アコギの場合はトップ材とサイドバック材とを分けて考えますがトップはスプルースとシダーがよく使われており前者は明るく芯のある音、後者は軽くレスポンスの良い傾向にあります。スプルースも産地や樹種によって香なりの主流がありそれぞれに特徴があります

様々なものがありすぎて、一概には言えません!!

お悩みランキング

1位

楽器の修理で、同じ作業内容でも、プロによって作業時間や作業日数に違いがあるのはなぜですか?

お待ちいただく期間は殆どが順番待ちによるものです。ですので、作業のスピ… 詳しくみる

2位

ゴルフ用品の修理をお願いする際、納期を自分で指定することは可能ですか?

出来うる範囲内で納期は調整可能です。ただし、部品の調達などが、お休みに… 詳しくみる

3位

楽器の修理をお願いする際、キャンセル料はどの段階から発生しますか?

取りかかる前でしたらキャンセル料はいただいておりません。取りかかってか… 詳しくみる

4位

修理をお願いする楽器を送る際、段ボールなどの入れ物は自分で用意するのですか?また、どのような入れ物が好ましいのか教えてください。

基本的にはお客様でご用意していただいております。最近は段ボールではなく… 詳しくみる

5位

楽器の修理中に、見積もり時の料金、納期が変更になることはありますか?また、その際、連絡はしてもらえますか?

実際に取りかかってから、新たな不具合が見つかる事もあります。内容によっ… 詳しくみる

作業事例から見積もりを依頼

Before

After

■参考価格:¥30,000■ブランド:--■Gretschのネック折れ。以前に持... すべてを見る

Before

After

■参考価格:¥1,000■ブランド:-■キズ補修キズの処理については、キズの深さ... すべてを見る

Before

After

■参考価格:¥6,000■ブランド:-■弦溝を掘る際には専用ヤスリが便利です。弦... すべてを見る

Before

After

■参考価格:¥54,000■ブランド:-■バインディング、ピックガード、ドットポ... すべてを見る

Before

After

■参考価格:¥6,000■ブランド:-■一般的に弦楽器が音を奏でるには、弦の振動... すべてを見る

Before

After

■参考価格:¥30,000■ブランド:-■ブリッジ交換は、ブリッジの割れや材質変... すべてを見る

普段の生活でお悩みができたら、ぜひこちらにお問い合わせください!

カテゴリーから探す

カテゴリーからプロを探す

新着口コミ

Hiroさん(30代男性)

楽器修理(エレキギター・ベース修理)

GIBSONレスポールのネック折れ修理

星星星星星 5.00

自分の不注意によりネックを折ってしまい、いくつかのサイトで修理見積もりを出したところ、どこも補強込みの高い金額でした。 ルーンギターメンテナンスさん... 詳しくみる

月間ランキング

閲覧履歴

閲覧履歴

閲覧履歴はありません。