大掃除の悩みをまとめて解決!水回りをピカピカにする最強の方法とは

yusuke

更新日:2020年10月29日

年末が近づくと、悩みのタネとなってしまう大掃除。

普段のお掃除はどうしても簡単なものになりがちですよね。

普段はお掃除しないという場所もありますし、いつものお掃除では落としきれない汚れがいつの間にたまっていることも。

大掃除は、たまった汚れを綺麗にするチャンスです!

今回紹介するのは、全国の主婦のみなさんが大掃除すると答えた場所のお掃除方法です。

換気扇、お風呂、キッチンなどは、もう大掃除の定番ですよね。

油汚れ、水アカ、カビ、焦げ汚れなどを、大掃除のタイミングですっきり綺麗にしちゃいましょう♪

お掃除方法の多くは、洗剤エキスパートの茂木和哉さんが教える、茂木流のやり方。

あっけないほど簡単に、時間も労力もかけずに汚れを落とせるのが、茂木流の特徴です。

大掃除にはもちろん、普段のお掃除でも役立つ技が盛りだくさんです!

これさえ読めば、効率よく、いつもより簡単にお掃除できること間違いなしです♪

大掃除ではどこをお掃除する?

みなさんは、大掃除するとき、家のどの場所をお掃除していますか?

ユアマイスター」では、全国の主婦のみなさんに「年末の大掃除で、必ずお掃除する場所を教えてください」と聞いてみました。

その結果、大掃除する場所トップ7が明らかになりました!

しかも、主婦のみなさんは、この7つの場所のお掃除に大変苦労をされているみたいです。

大掃除の時、もっとも多くの人がお掃除すると答えたのは換気扇でした!

いつものお掃除ではなかなか手をつけられないところですよね。1年分の汚れが固まってしまって、落としづらくなっている可能性大です。

2位がお風呂。お風呂のカビや水垢などの汚れに悩む声もあったのですが、最も多かったのは天井のお掃除がしづらいというお悩みでした!

3位はキッチンです。グリル、コンロ、電子レンジ、冷蔵庫、食器棚など、ちょっと考えただけでお掃除したい場所がたくさん出てきます。これは大変ですね。

後に続くのは、窓・サッシ、洗面所、網戸、トイレの4箇所。それぞれお掃除のお悩みがあるようです。

お掃除のコツをたくさん教えてくれたのは、茂木和哉さんです。

茂木和也さんってどんな人?

「洗剤」に魅せられ、業務用洗剤の販売会社や洗浄剤メーカーで経験を積む。

その後、洗剤への愛から洗剤を作り始め、自身で開発したオリジナル洗剤「茂木和哉」が大ヒット商品に。

現在では、住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信している。

大ヒットしたオリジナル洗剤「茂木和也」がこちら↓↓↓

おすすめ 商品

商品画像
茂木和哉 水アカ洗剤 200ml

酸性のクレンザーで、頑固な水垢をグイグイ落とします。

今回紹介するお掃除方法の中でも登場しているので、ぜひ確かめてみてくださいね。

というわけで、今回は大掃除する場所TOP7である、

・換気扇
・お風呂
・キッチン
・窓、サッシ
・洗面所
・網戸
・トイレ


以上7箇所のお掃除方法を全てご紹介します!

換気扇の大掃除

換気扇の汚れは、目に見えない内部に溜まっています。

というわけで、換気扇の大掃除は、分解をするところから始まります。さっそく、お掃除方法を見ていきましょう♪

用意するもの
・酸素系漂白剤
・ゴミ袋
・段ボール箱
・古歯ブラシ(毛先は短くカット)
・タオル
手順

1
パーツを外す

レンジフードを開け、フィルターと換気扇本体を取り出します。

2
段ボール箱の内側にゴミ袋を重ねる

パーツをつけおきするための下準備をします。

段ボールとゴミ袋を使えば、お掃除後にそのまま処分できるので、おすすめ。

3
洗浄液を作る

40〜50℃のお湯をゴミ袋の半分ぐらいまで入れる。お湯5Lに対して酸素系漂白剤40gを溶かし、洗浄液を作りましょう。

45Lのゴミ袋を使えば、だいたい20L程度のお湯が入るので、酸素系漂白剤は160gほど使う計算になります。

4
パーツを洗浄液に浸す

取り外したパーツをつけおきしていきます。

しっかりそれぞれのパーツを浸しておきましょう。

5
袋の口をしばる

パーツの全体が洗浄液に浸るように、水面のラインで口をしばります。

6
ダンボールのふたをしめて、1〜2時間置く

ダンボールのふたを閉めることで、保温効果が高まり、洗浄液の温度が下がりにくくなります。

温度をキープできると洗浄効果もアップしますよ。

7
古歯ブラシで残った汚れをこすり落とす

ゴミ袋の中で、汚れを擦り落としましょう。

汚れが飛び散らないので安心です!

8
乾かして完了

水で洗い流し、自然乾燥させる。

これでお掃除完了です!
\動画でチェック!/

換気扇のお掃除の方法を、動画でチェックしてみましょう♪

つけおきする部品は、換気扇のフィルターなので、紹介したお掃除の手順そのままではありませんが、やり方は一緒なので、きっと参考になると思います!

\やってみました!/

ダンボールを使わずに、シンクにゴミ袋を広げてつけおきをしました。
酸素系漂白剤の代わりに、重曹を使っています。

あとは茂木流そのままに、お掃除しました。

実際にお掃除した手順をもっと詳しく見たいという方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね♪

お風呂の大掃除

お風呂って、一見綺麗に見えても、実は結構汚れが溜まっているんですよね。

ヌメヌメしたり、カビが生えたり。心も体もすっきりさせてくれるお風呂にするために、しっかりお掃除しましょう!

天井のカビ

お風呂の天井は、普段、なかなかお掃除しないですよね。そもそも届かないし、どうやってお掃除したらいいのかわからないという方も多いはず。

実は、汚れた天井がお風呂全体のカビの原因になっていることもあります!

お風呂のカビを撲滅したいなら、まずは天井からってことです。

用意するもの
・塩素系漂白剤
・柄つきスポンジ
・洗面器
手順
1
カビ取り洗浄液をつくる

塩素系漂白剤を100倍に薄めて、カビ取り洗浄液を作ります。

2
柄つきスポンジで天井に塗る

柄つきスポンジを使って、乾いた天井にカビ取り洗浄剤を塗っていきます。

3
そのまま放置

塩素は蒸発するので、仕上げに洗い流す必要なし!

換気だけはしっかり行いましょう。

\やってみました!/

柄つきスポンジの代わりに、クイックルワイパーとキッチンペーパー(3枚重ね)を使いました!

スプレーをそのまま吹き付けて使ったので、水拭き乾拭きでしっかり仕上げます。

実際にお掃除した手順をもっと詳しく見たいという方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね♪

鏡の水アカ

お風呂の鏡がくすんでいたり、うろこ状の汚れで見えづらくなっていることってありませんか?

その汚れの原因は、実は水アカです。大掃除のタイミングで、お風呂の鏡もピカッとツヤツヤにしちゃいましょう♪

用意するもの
・酸性洗剤
・マグカップ
・キッチンペーパー
・古歯ブラシ(毛先は斜めにカットする)
・スクイージ
・タオル
手順
1
キッチンペーパーを浸す

マグカップに酸性洗剤を入れ、キッチンペーパーを浸しましょう。

ペーパーは軽く絞ってから使います。

カランの水アカが気になる場合には、酸性洗剤をつけた歯ブラシで、汚れをこすると良く落ちますよ。

2
5分間ペーパー湿布する

洗剤に浸したキッチンペーパーを、鏡に貼ります。

空気が入らないように、指で抑えながら密着させるのがコツ。

そのまま5分間放置する。

3
古歯ブラシで軽くこする

ペーパーを剥がし、汚れを古歯ブラシで軽くこすります。

強くゴシゴシしすぎないように注意してください!

4
水で洗い流して仕上げ

シャワーで洗い流します。

鏡は、スクイージーで水を切ったあと、乾いたタオルで吹き上げましょう。

\やってみました!/

酸性洗剤の代わりに、クエン酸を使いました。

金属部分はクエン酸がつくと錆びやすくなるので、ラップで保護しています。

1時間ほど放置するため、クエン酸水が乾かないように、ラップで覆いました。

時間が経ったら、使ったラップを丸めてたわし代わりにしてゴシゴシ。

最後に乾拭きをして完了です!綺麗になりました!

実際にお掃除した手順をもっと詳しく見たいという方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね♪

キッチンの大掃除

キッチンの油汚れや焦げ付きは、こまめにお掃除するのが大事というけれど、
毎日のようにお掃除をする時間なんて、なかなか取れないですよね。

だからこそ、年に1回の大掃除で、徹底的にお掃除しましょう。

グリルの焦げ付き

続いてお掃除方法を紹介するのが、グリルです!

お肉や魚を焼いたとの焦げ付きに悩まされている方も多いはず。

換気扇と同じように、つけおきで楽々綺麗にする方法を紹介します!

用意するもの
・酸素系漂白剤
・古歯ブラシ
・タオル
・サランラップ
1
シンクの排水口をラップで塞ぐ

シンクにお湯を溜めてつけおきをします。

お湯が抜けないように、水を通さないラップで排水口をふさぎましょう。

2
洗浄液に漬け込み、30〜1時間置く

40〜50℃のお湯をシンクに溜め、パーツを入れましょう。

ここに、湯15Lに対して酸素系漂白剤120gを混ぜて溶かします。

一般的なシンクの容量は、30〜50Lなので、240〜400gの酸素系漂白剤が必要です。

あとはそのまま放置すればOK!

3
汚れのひどいものはこすり洗い

つけおきしながら、汚れがひどいものは、歯ブラシでこすり洗いします。

強くこすりすぎないようにしましょう!

4
水洗いしてからタオルで乾拭き<

最後に水洗いして汚れを落としましょう!

しっかりタオルで乾拭きしたらお掃除完了です。

\やってみました!/

シンクに水が溜められなかったので、洗面所を使ってお掃除しました!
今回も、酸素系漂白剤の代わりに重曹で挑みました。

頑固な焦げ付きはメラミンスポンジで擦ります。

最後に水で流してお掃除完了です!

実際にお掃除した手順をもっと詳しく見たいという方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね♪

IHの焦げ付き

意外とコゲ汚れが目立つIHは、酸性洗剤とクレンザーを使って綺麗にしましょう!

ポイントはラップたわし。素材を傷つけることなく、汚れだけしっかり落とすことができるんです。

用意するもの
・酸性洗剤
・クレンザー
・マグカップ
・キッチンペーパー
・ラップ
・古歯ブラシ
・タオル
手順
1
洗剤用意し、塗りつける

マグカップに酸性洗剤原液を入れておきます。

その洗剤に古歯ブラシを浸し、茶色い汚れ部分に塗りつけましょう。

こする必要はなく、洗剤がまんべんなく汚れに行き渡ればOK。

2
キッチンペーパーで5分間湿布

キッチンペーパーを被せ、指で押さえながら密着させます。

洗剤が残っていたら、少しずつ垂らしてすべて使い切りましょう。

そのまま5分間置いておきます。

3
”ラップたわし”でコゲを落とす

ペーパーを剥がして、表面に残った洗剤を拭き取ります。

その後、ラップを小さく折りたたんだラップたわしにクレンザーを少量つけ、コゲ汚れをこすり落としましょう。

仕上げに乾いたタオルで拭き取って完了です。

\動画でチェック!/

こちらの動画では、IHの焦げ付きをラップたわしと茂木和哉でスイスイ落としています。見ているだけで、すっきりした気持ちになれます。

\やってみました!/

クレンザーとラップたわしで、IHクッキングヒーターをお掃除してみました!とっても簡単で驚きでした。

実際にお掃除した手順をもっと詳しく見たいという方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね♪

キッチンの大掃除についてもっと知りたい方はこちらの記事をチェック!

シンクからグリルのお掃除まで丸わかりですよ♪

窓の大掃除

家の雰囲気を大きく変える窓。

朝日が差し込む瞬間は、気持ちがいいですよね。
新年を気持ちよく迎えるためにも、しっかり綺麗にしたいのが窓。

ここからは、窓のお掃除方法について窓ガラスとサッシに分けて紹介します!

窓ガラスの掃除

雨風が直撃する窓ガラス。1年も経てば、かなり汚れが溜まっています。

実は、水圧を利用して、簡単にお掃除することができるんです。お掃除方法を紹介します。

用意するもの
・スクイージ
・ホース
・タオル
手順
1
ホースで勢いよく水をかけ、泥汚れを洗い流す

ホースの先端をつまんで勢いよく水をかける。

窓の上から下に向かって、汚れを洗い流す。

2
スクイージで水けを切る

スクイージーで、しっかりと水けを切りましょう。

上から下に、隙間がないように一列ずつ水を切るのがコツです!

白っぽい汚れが付いていた場合
1. マグカップを使い、キッチンペーパーを酸性洗剤の原液に浸す
2. ペーパーで5分湿布する
3. ホースで勢いよく水をかけて洗い流す

白っぽいモヤッとした汚れの正体は、水アカ汚れ。酸性洗剤を使えば、すっきり落とすことができます♪

3
乾いたタオルでから拭き&磨き拭き

フェイスタオルとマイクロファイバータオルのW使いで仕上げます。

窓ガラスをお掃除する、他の方法も知りたいという方は、こちらの記事もチェックしてみてください!

サッシの掃除

毎日のお掃除では、なかなか綺麗にしない窓のサッシ。

たまに見ると、埃や泥でひどく汚れていることに気づきます。

大掃除のときこそ、ちょっと気合いを入れて、綺麗にしちゃいましょう。

用意するもの
・歯ブラシ
・タオル
手順
1
古歯ブラシで汚れをかき出し吸い取る

古歯ブラシは、持ち手をL字に折り曲げて使うのがおすすめ。

火で炙ると、簡単に曲げることができます。

また、毛先を斜めにカットして尖らせておくと、隅に溜まった汚れもかき出しやすく、便利です。

かき出した汚れは、ティッシュで拭き取った後、掃除機で吸い取りましょう。

2
固く絞ったタオルで拭き上げる

固く絞ったタオルで水拭きした後、マイクロファイバークロスで乾拭きをして仕上げます。

\動画でチェック!/

歯ブラシを火で炙って曲げるのは難しそう。

そう感じる方は、お湯を使ってみましょう!

どのように歯ブラシを曲げるのか、動画でチェックしてみてください。

窓サッシは、切り込みを入れたスポンジを使ってお掃除することもできます!

今回は紹介できなかった、他のお掃除方法も知りたいという方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。

洗面所の大掃除

大掃除する場所として、意外と人気の洗面所。水アカや黒ずみが、確かに気になりますよね。

クエン酸スプレーを使って、簡単にお掃除する方法を紹介します!

洗面所のお掃除方法とセットで気になるトイレの大掃除方法もご紹介しますね♪

用意するもの
・ゴム手袋
・クエン酸スプレー(水200mlにクエン酸小さじ1杯を溶かし、スプレー容器に入れたもの)
・ラップ
・布巾
・重曹
手順

1
水垢と黒ずみにクエン酸スプレーを吹き付ける

クエン酸スプレーを水垢と黒ずみに吹きかけます。

気になる汚れにしっかりなじませましょう!

2
ラップを貼り付けてしばらく放置

ラップを、隙間ができないように貼り付けます。

2〜3分ほどこの状態のままで放置したら、剥がしましょう。

3
布巾で拭き取る

乾いた布巾で、水気を拭き取ればお掃除完了です!

洗面所のお掃除方法をもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事をチェックしてみてください!

トイレの大掃除

トイレの臭い、芳香剤の香りでごまかしていませんか?トイレの臭いの原因は、尿石汚れです。

尿石汚れは、尿に含まれるカルシウムが固まったもの。

トイレの黄ばみの正体でもあります。毎日の汚れでは落としきれなかった尿石汚れを、大掃除のときこそすっきり落としましょう!

用意するもの
・酸性洗剤
・タオル
・トイレットペーパー
・古歯ブラシ
・マグカップ
手順

0
トイレの水を取り除く

水面ラインをお掃除しやすくするため、タオルで便器内の水を吸い取ります。

1
酸性洗剤を便器内にたっぷりかける

便器内を覆い隠すようにたっぷりとかけます。

ケチらずどんどん洗剤を使って大丈夫です。

2
トイレットペーパーで1〜2時間湿布する

トイレットペーパーを何層にも重ねてのせ、便器表面を完全に覆い隠します。

上からさらに酸性洗剤をかけ、ひたひたの状態になるくらいでOK。

このまま1〜2時間置きましょう。

3
クレンザーでこすり落とす

レバーを回して水と一緒に貼り付けたトイレットペーパーを流します。

残った汚れは、タオルにクレンザーをつけてこすり落としましょう。

4
床との境目も忘れずに

床と便器の境目にも尿が入りこみ、尿石が発生している可能性があります!

マグカップに酸性洗剤の原液を入れ、古歯ブラシの毛先を使って、隙間の奥まで洗剤をつけましょう。

2〜3分置いたら、タオルでしっかり水拭きすればきれいになります。

網戸の大掃除

部屋の換気をするときに大活躍の網戸。窓を開けても、虫が入ってこないので、とても便利ですよね。

しかし、網戸の細かい隙間には、意外と汚れが溜まります。さっそくお掃除方法をチェックしていきましょう!

用意するもの
・厚紙など
・掃除機
・タオル
手順

1
向こう側に髪を当て、掃除機でホコリを吸い取る

厚紙などを当てて網戸の面をふさぐことで、掃除機の吸引力がアップしますよ。

2
固く絞ったタオルで吹き上げる

水で濡らしたタオルを固く絞り、網戸の表面を表裏ともサッと拭きましょう。

他の網戸のお掃除方法も知りたいという方は、こちらの記事をチェックしてみてください!

プロに大掃除を頼んでみよう

ここまで自分で大掃除をする方法を紹介してきました!

しかし、アンケートで聞いてみると、全国の主婦のみなさんのほとんどが「大掃除は面倒くさい・大変・つらい」といったように、
大掃除に対してネガティブな印象を持っているようです!

やっぱり、年の瀬の忙しい時期に大掃除までこなすのはとっても大変。

お掃除が大変な換気扇・お風呂・キッチンなど、
時間も労力もかかってしまうところは全てプロにお任せできたらとっても楽ですよね。

そんなご要望にお応えして、ユアマイスター では大掃除セットをご用意しています。

セットメニューは以下の通り。

1番ベーシックな3点セット(キッチン / 換気扇 / お風呂)だと、約3時間から5時間ほどの作業でお掃除が完了します!

ちなみに、プロにハウスクリーニングをお願いしたことがある主婦の方の84%が、
「(プロにハウスクリーニングは)満足いく仕上がりだった(驚き、感動があった)」と回答しているんですよ♪

多くの主婦の方にご満足いただいているハウスクリーニングを
ぜひこの機会に体験してみてはいかがでしょうか!

大掃除セットについて詳しく知りたい方は、この記事のすぐ下から詳細を確認できますよ♪

関連記事

お掃除グッズ総選挙2020結果発表!一番愛用される洗剤はこれだ!

今日は12月1日。今年も残り1ヶ月となり、大掃除の時期が本格的にやってきます。 汚れを徹底的に、かつ手軽にお掃除するためにお掃除グッズは必須。だけど、最近は種類が多く、何を選べば良いのかわからない!なんて方もいるのではな […]

大掃除の代行!気になるキッチン、水回り、エアコンの相場をチェック 

毎年やってくる年末の「大掃除」。 せっかくならすみずみまで綺麗に掃除して、すっきりとした気持ちで新年を迎えたいですよね。 しかし、忙しい年末に時間を割いて、普段は、掃除しない箇所まで綺麗に掃除をするのは、なかなか大変な作 […]

畳の大掃除にもクエン酸大活躍!掃除機よりほうきがいいってホント?

  日本で古来から愛用されてきた床材の「畳」。 調湿性能が高く、湿度の高い梅雨の時期などには湿気を吸収し、乾燥する冬には湿気を放出してくれる畳は、現在の住宅でも多く取り入れられています。 皆さんは、そんな畳の掃 […]

エアコンの大掃除はどうする?自分でできるエアコン掃除の手順を解説

  みなさんは、エアコンの掃除をこまめに行なっていますか? エアコンの汚れは、なかなか目につきづらいので、ついつい汚れを溜めたままになってしまっているという方もいるのではないでしょうか。 そんな方も、年末の大掃 […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す