ハウスクリーニング

車の修理・お手入れ

カバンの修理・お手入れ

靴の修理・お手入れ

時計・アクセサリーの修理・お手入れ

衣服のお直し・クリーニング

趣味で使うものの修理・お手入れ

リメイク

家具・インテリアの修理・お手入れ

家電の取り付け・設定

家電の修理・お手入れ

デジタル保存

リフォーム・家の修繕

防犯対策

造園・庭木のお手入れ

害虫・害獣駆除

エアコンクリーニング キッチンクリーニング 換気扇クリーニング お風呂・浴室クリーニング 洗面所クリーニング トイレクリーニング 洗濯槽・洗濯機クリーニング 水回りクリーニング 戸建て・一軒家クリーニング マンションクリーニング ベランダ・バルコニークリーニング 窓掃除・サッシクリーニング 冷蔵庫クリーニング お部屋の消臭・脱臭 ノロウイルス消毒 室内除菌・消毒 車クリーニング 車コーティング カーフィルム タイヤ交換・取付 カバン修理 鞄クリーニング 靴修理 靴クリーニング 靴磨き ジュエリー・アクセサリー修理 時計修理 ジュエリー・アクセサリー鑑定 宅配クリーニング 着物クリーニング 洋服お直し 着物お直し ぬいぐるみクリーニング ゴルフ用品修理 楽器修理 刃物の研ぎ直し・メンテナンス修理 ランドセルのリメイク ジュエリー・アクセサリーのリメイク 布団クリーニング 椅子・ソファークリーニング マットレスクリーニング 椅子張り替え・修理 ソファー張り替え・修理 テーブル修理 タンス修理 エアコン取り付け スマホ修理 エアコン修理 テレビ修理 暖房機器・ヒーター修理 洗濯機修理 掃除機修理 食器洗浄機修理 電話機・FAX修理 オーディオ機器修理 DVD・ブルーレイプレイヤー修理 ストーブ修理 冷蔵庫修理 ビデオのデジタル保存 写真・ネガのデジタル保存 映像・画像のデータ複製 フロアコーティング 畳の張替え(表替え) ふすま張り替え 障子張り替え 網戸張り替え 壁紙・クロス張り替え 外壁塗装 外張り断熱工事 雨漏り修理 水漏れ修理・トイレつまり修理 給湯器修理・交換 窓ガラス修理・交換 サッシ修理 ドアノブ・シリンダー修理 防犯窓の取り付け 庭木・植え込み剪定 芝張り 草刈り 庭木の伐採・抜根 庭石の配置 ハチ駆除・退治 シロアリ駆除・退治 ゴキブリ駆除・退治 コウモリ駆除・退治 ハト駆除・退治 ネズミ駆除・退治 ハクビシン、アライグマ、イタチ駆除・退治 ノミ、ダニ駆除・退治 ムカデ駆除・退治

アスクマイスター

お掃除やお手入れに関するお悩み・疑問を、2,500人のハウスクリーニングや修理のプロが、解消してくれる場です。3,000個の質問に対して、10万件以上の回答があり、全て無料で見ることができます。暮らしを豊かにする一歩にお役立てください。

換気扇クリーニングを自分でやろうとしたのですが、油がこびり付いていてパーツが取れません。どのように対処すれば良いですか?

関連している質問をみる

業者さんの回答まとめ

油汚れのレベルにもよりますが、プロでないと対応できないケースも多いです。自分でやる場合は、蒸しタオルなどで油を溶かしながら、拭き掃除を行うのがベストです。くれぐれも無理にパーツを外さないようにしましょう。

業者さんのすべての回答をみる

換気扇クリーニングの料金の相場

レンジフード 11,000~15,000円(税込)
プロペラ 8,000~10,000円(税込)

換気扇クリーニングの業者さんを、お住まいの地域と日付を決めて予約が可能です。

業者さんの回答一覧

換気扇クリーニングを自分でやろうとしたのですが、油がこびり付いていてパーツが取れません。どのように対処すれば良いですか?

パーツ部分に潤滑油をかけてみたり、スチームなどをお持ちであれば取れない部分を温めると取れやすくなることがあります。

破損する場合もあるので、業者に頼んだ方がいいかと思いますが、あまりにも硬い場合、当店でも外せない場合があります。

パーツの部分にスチームなど用い固まった油を少し溶かしパーツを取り外します。(配線などは濡らさないようご注意下さい。)

換気扇クリーニングを自分でやろうとして、油がこびり付いていてパーツが取れない場合、こびりついた油を取れるなら取って見る。

一つ一つ、油のこびり付いたところをキレイにしていくと良いと思われます。

各パーツ取り外し時にパーツの隙間に建築作業用のカワスキやマイナスドライバーを挟み込んでてこの原理で引きはがすように外して下さい。ファンが油で外せない場合は小型のポーチ(バーナー)の火をを軸に5~10分位あてると油が溶けてすぽっと外れます。あまりないケースですが…

各パーツ取り外し時にパーツの隙間に建築作業用のカワスキやマイナスドライバーを挟み込んでてこの原理で引きはがすように外して下さい。ファンが油で外せない場合は小型のポーチ(バーナー)の火をを軸に5~10分位あてると油が溶けてすぽっと外れます。あまりないケースですが。

すべてを表示する

長い間油が付着していると固まり固着してしまいます。こうなった場合にはプロに依頼して頂くのが最良かと思います。

換気扇クリーニングを自分でやる時は油を溶かす溶剤か、またはドライヤーや、ヒートガンなどで、暖めてはずすようにすると良いです。

油の固着や劣化摩耗による変形でパーツが取れない可能性があります。無理にとってしまうと壊れてしまう等の可能性がありますので、プロのクリーニング業者か各メーカーへご相談ください。

換気扇の油がこびり付いたパーツを取るには有効的な洗剤や薬品を使う必要があります。

パーツが取れないと言うことですが、モーターのシャフトからファンを外すのに無理に外そうとすると、モーターのシャフトを曲げてしまうかもしれませんので、専用の道具を使用して外します。

パーツによりますが、無理に外して塗装が剥がれたりネジ山がずれることがあるので、専門家に頼んだ方がいいかと。

お湯やドライヤーを使って温めてみてください。 火は使わないでください。

油が固まっている個所をドライヤーで温めるとパーツは外れると思います。

換気扇の油がこびりつていて取れない場合、ドライヤーで温風を当てて油を溶かしてみましょう。

古くなった油汚れの固着により、部品が固まります。特に、モーターと密着しているファンが外れないことが多く、その場合は、モーター軸中心部にドライヤーで熱を加えて、温めると外れやすくなります。

蒸しタオルやスチームなどでパーツ周辺の油を温めて溶かし拭くと取れるかもしれません。しかし、無理にやると破損してしまう可能性もありますので慎重に行い、無理だと感じたならば業者に依頼してください。

油用洗剤をかけて隙間などをブラシで擦っていただいて部品と部品の間の詰まった油汚れを取ってください。

ドライヤーや蒸しタオルで温めてたら油が落ちやすくなると思います。

スチームクリーナーで温めるかタオルに熱いお湯を染み込ませてその部分に巻きます。熱で油は溶けます。

一番早い解決方法はスチームを使って油を溶かす方法です。あとは、アルカリ洗剤をスプレーをすればパーツを取り外すことができます。

マイナスドライバー等を利用して抉る方法と、固着している部分を温めて取ることが考えられます

換気扇クリーニングを自分でやる際は、ドライヤー等で温めてやると外れます。

換気扇のフアンのネジが素手で回らない時はよくあります、そのような時は回せそうな器具をホームセンターとうで探してください、それでもムリな時は業者にご相談ください。

こびりついていて取れない場合は一度ライター等で温めると外れる場合があります。お客様自身で分解しようとすると故障の原因や怪我をされる場合もありますので、プロにお任せするのがおススメです。

ご自身で出来る1番簡単な方法としてはドライヤーでこびりついている部分を温めてあげると良いでしょう。

汚れているボルトを念入りに油の除去、専用工具を使用し外すしかありません。

狭いなりに可能な限りお客様の敷地内で足場を組みますが、場合によっては隣家にお願いして敷地を使わせていただいた上で足場を組みます。

換気扇クリーニングは工具が多少必要なので、無理だと思ったらプロに頼みましょう!!

油が固まっていますので、柔らかくします。ドライヤーなどで温めると油が柔らかくなります。

状況にもよりますが油が固着している部分をドライヤーなどで温めると取りやすくなることがあります。決してライターなど直接炎では温めないでください。

シロッコファンに行き着くまでの防御板が取れない場合は、業務用の薬剤をスプレー後、ドライヤーで温めると取れることがあります。そのような汚れになった場合は汚れ的には赤信号だと思いますので、プロにお願いする方が良いと思われます。

油汚れは手強いです!脱脂と熱による波状攻撃がおすすめだと思います!

ファンを固定している部品が油で固まって取れない場合はスチームで温めるのが良いと思いますが、無ければ洗剤をかけてしばらく置くのも良いかもしれません。

油汚れが固着・堆積すると 取り外しが困難になることがあります。 こういう事態になってご自身で無理に作業すると怪我や部品破損のリスクがあります。プロへ委託されることをお勧め致します。

どんな部品かによりますが、基本的には対応させていただいますのでご相談ください

最も簡単で効果的な方法は、ドライヤーでこびり付いた油を温めて柔らかくすることです。その時に、やけどしないように注意してください。スチーマーでも構いませんが、周りが水浸しになるので、しっかり養生してください。

油落とし専用剤を吹き付けて放置するか、もしくはスチーマーで油を落とす。

長年固着してしまったファンは中々取れないことがあります。そういう場合はライターなどで固着部分を炙って油を溶かす方法か、洗剤をしばらく浸けておく必要があります。力づくで取ろうとすると本体やパーツの破損に繋がりますのでおすすめしません。それでも取れない場合はプロで…

長年固着してしまったファンは中々取れないことがあります。そういう場合はライターなどで固着部分を炙って油を溶かす方法か、洗剤をしばらく浸けておく必要があります。力づくで取ろうとすると本体やパーツの破損に繋がりますのでおすすめしません。それでも取れない場合はプロでも外すのが困難な場合があります。

すべてを表示する

油が固まっているのが原因と思いますのでドライヤー等を使用し温めながら真っすぐ引き抜きましょう。一人ではドライヤーを当てつつまっすぐは抜きづらいので、お二人でやるのが良いでしょう。

換気扇の音の原因としてはモーターや配線に洗剤が掛からないようにファンのネジ部分にアルカリ洗剤を掛け、出来る限り油を取ってから外すのが良いかと思います。

油が冷えて固まっているのが原因と思われますので、ドライヤー等を使用し温めながら真っすぐにゆっくり引き抜きましょう。ドライヤーで温めつつまっすぐ引き抜くには一人ではつらいので、お二人で行ってみてください。

油が固まっているのが原因と思われますので、ドライヤー等を使用し温め油を溶かしながら真っすぐ引き抜くようにしましょう。一人ではドライヤーを当てつつまっすぐ引き抜くのは難しいと思うので、お二人で行う事をオススメ致します。

アルカリ性の、マジックリンを少しずつかけながら、こびり付いた油を溶かしていけば、大体取れます。 プロもこの方法で取ります。 使う洗剤はちがいますが、寧ろこの方法でしかやり様がないです。

ドライヤーで熱を加えて油を溶かす方法は有効です。ただし、少し難しいのでクリーニング業者さんへの依頼をお勧めします。

アルカリ性の洗剤を使い、それでもダメならお湯など熱を加えて油を柔らかくするのが良いと思います。

汚れの蓄積によるものであれば、プラスチック製のスクレーパー(ヘラ)である程度固形汚れを除去すれば、後は必要に応じてアルカリ性洗剤を散布し、油分を分解させてください。洗剤を使用する際は、必ず手袋の着用をお願い致します。

こうなると、ご自身での作業は大変危険【踏み台や脚立からの落下事故・プロペラの羽で怪我等】なのでプロにお任せしたほうが良いと思います。

洗剤、熱等で油を柔らかくしてパーツを外してください。それでも無理な場合は破損の可能性がありますので、無理に取り外すのはお勧めできません。

ドライヤーで油を軟化させ、固着されてるを思われる部分に多方向に力を加えてください。

お悩みランキング

1位

エアコンクリーニングの際に、分解したエアコンの部品は、どこで洗浄しますか?お風呂場を使ったりしますか?

エアコンクリーニングの際、分解した部品は、お風呂場、ベランダ、お庭など… 詳しくみる

2位

水回りクリーニングをセットで予約した後、別の箇所をお掃除してもらいたくなった場合、当日に掃除箇所を追加でお願いすることは可能ですか?

その日のスケジュールによっては可能です。追加をいただけることはとても有… 詳しくみる

3位

エアコン掃除をしないといけない目安や合図はありますか?素人でもわかるエアコンクリーニング を頼む基準になるものがあれば教えてください。

時期とか時間ではありません。送風口を見ていただいて送風ファンに白いカビ… 詳しくみる

4位

マンションや一軒家のハウスクリーニングをお願いする際にも、その作業内容に「エアコンの簡易清掃」が含まれている場合がありますが、簡易清掃とエアコンクリーニング の違いはありますか?もし違いがあれば教えてください。

エアコンの簡易清掃とは、主に空室清掃などの際に行うフィルター清掃と外周… 詳しくみる

5位

ドラム式洗濯機の洗濯槽クリーニングをお願いすることはできますか?

いいえ、対応していません。非常に重く、分解するには二人がかりでやる必要… 詳しくみる

普段の生活でお悩みができたら、ぜひこちらにお問い合わせください!

カテゴリーから探す

カテゴリーからプロを探す

新着口コミ

Karmannghi...さん(70代)

換気扇クリーニング(レンジフード)

レンジフードのクリーニング

星星星星星 3.40

コロナ渦の中丁寧に対応して戴きました。

あきさん(40代)

換気扇クリーニング(レンジフード)

レンジフード

星星星星星 5.00

丁寧な作業で綺麗になりました。ありがとうございます。

閲覧履歴