ハウスクリーニング

車の修理・お手入れ

カバンの修理・お手入れ

靴の修理・お手入れ

時計・アクセサリーの修理・お手入れ

衣服のお直し・クリーニング

趣味で使うものの修理・お手入れ

リメイク

家具・インテリアの修理・お手入れ

家電の取り付け・設定

家電の修理・お手入れ

デジタル保存

リフォーム・家の修繕

防犯対策

造園・庭木のお手入れ

害虫・害獣駆除

エアコンクリーニング キッチンクリーニング 換気扇クリーニング お風呂・浴室クリーニング 洗面所クリーニング トイレクリーニング 洗濯槽・洗濯機クリーニング 水回りクリーニング 戸建て・一軒家クリーニング マンションクリーニング ベランダ・バルコニークリーニング 窓掃除・サッシクリーニング 冷蔵庫クリーニング お部屋の消臭・脱臭 ノロウイルス消毒 室内除菌・消毒 車クリーニング 車コーティング カーフィルム タイヤ交換・取付 カバン修理 鞄クリーニング 靴修理 靴クリーニング 靴磨き ジュエリー・アクセサリー修理 時計修理 ジュエリー・アクセサリー鑑定 宅配クリーニング 着物クリーニング 洋服お直し 着物お直し ぬいぐるみクリーニング ゴルフ用品修理 楽器修理 刃物の研ぎ直し・メンテナンス修理 ランドセルのリメイク ジュエリー・アクセサリーのリメイク 布団クリーニング 椅子・ソファークリーニング マットレスクリーニング 椅子張り替え・修理 ソファー張り替え・修理 テーブル修理 タンス修理 エアコン取り付け スマホ修理 エアコン修理 テレビ修理 暖房機器・ヒーター修理 洗濯機修理 掃除機修理 食器洗浄機修理 電話機・FAX修理 オーディオ機器修理 DVD・ブルーレイプレイヤー修理 ストーブ修理 冷蔵庫修理 ビデオのデジタル保存 写真・ネガのデジタル保存 映像・画像のデータ複製 フロアコーティング 畳の張替え(表替え) ふすま張り替え 障子張り替え 網戸張り替え 壁紙・クロス張り替え 外壁塗装 外張り断熱工事 雨漏り修理 水漏れ修理・トイレつまり修理 給湯器修理・交換 窓ガラス修理・交換 サッシ修理 ドアノブ・シリンダー修理 防犯窓の取り付け 庭木・植え込み剪定 芝張り 草刈り 庭木の伐採・抜根 庭石の配置 ハチ駆除・退治 シロアリ駆除・退治 ゴキブリ駆除・退治 コウモリ駆除・退治 ハト駆除・退治 ネズミ駆除・退治 ハクビシン、アライグマ、イタチ駆除・退治 ノミ、ダニ駆除・退治 ムカデ駆除・退治

アスクマイスター

お掃除やお手入れに関するお悩み・疑問を、2,500人のハウスクリーニングや修理のプロが、解消してくれる場です。3,000個の質問に対して、10万件以上の回答があり、全て無料で見ることができます。暮らしを豊かにする一歩にお役立てください。

自分でトイレクリーニングをするときに、気をつけるべきことを教えて下さい。

関連している質問をみる

業者さんの回答まとめ

最も気を付けるべきことは、酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜないこと。有毒ガスが発生すると危険なので換気を行える環境も必要です。また、便座は硬い素材でこすると傷ついてしまいます。ウォシュレットの電気部分に水がかからないようにすることも必要です。

業者さんのすべての回答をみる

トイレクリーニングの料金の相場

トイレクリーニング 7,000~9,000円(税込)

トイレクリーニングの業者さんを、お住まいの地域と日付を決めて予約が可能です。

業者さんの回答一覧

自分でトイレクリーニングをするときに、気をつけるべきことを教えて下さい。

混ぜるな危険は注意して頂きたいです。あと強く擦りすぎてキズをつけてしまうこと?

便器のコーティングに傷がはいり汚れが付きやすくなるので、必要以上に強い洗剤を使って擦らない方がいいかと思います。尿石などは擦って落とすより溶かして落とすイメージで清掃されるといいと思います。

尿石を溶かす塩酸等を使用する場合、服や皮膚を溶かす危険がありますのでゴム手袋等の保護具を使用して下さい

ウォシュレットのノズルや排水口、給水口は汚れのたまりやすい場所なので気をつけてお掃除して下さい。

ウオシュレットやウオームレットのクリーニング時は、電気部分に水が入らないよう気をつけて下さい

便座(ウォッシュレットタイプ)は傷がつきやすいので、やわらかい布等でふき、こすることはしないほうがいいです。

トイレはトイレットペーパーの使用から換気扇が汚れやすいので注意下さい

各設備の特に便器内側は細菌やウイルスが繁殖しやすいので自宅といえど油断なさらず必ずビニール手袋を着用して清掃して下さい。

トイレクリーニングをするときに、気をつけるべきところは便器の裏までしっかりとお掃除すること

自分でトイレクリーニングをする際は、適応した洗剤と道具でお掃除してください

自分でトイレクリーニングをするときに、気をつけるべきことは目線を便器になるべく近づけて掃除をすることです。

自分でトイレクリーニングをするときに、気をつけるべきことは過激なもので、こすって便器の表面を傷つけないこと。

自分でトイレクリーニングをするときに、気をつけるべきことは、常に汚れを意識して清掃してください

自分でトイレクリーニングをするときに、気をつけるべきことは便座を毎週1回は分解してクリーニングすることです。

まぜるな危険が表示されている洗剤を使う時は換気の良い状態で行う事。汚れを蓄積させない為にも小まめにお掃除すると等々です。手に負えない場合はプロにお願いしてください。

考えられるのは下水の逆流かもしれません。。専門家に見てもらいましょう。

複数の洗剤を混ぜないことです。トレイ内で倒れてしまうかもしれませんので複数の洗剤を利用する場合にはよく水で流してから利用してください。

ご自身でトイレクリーニングをする際は、トイレに傷をつけないようにしてください。

ご自身でトイレクリーニングされる際は、塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜないように気をつけてください。

酸性洗剤と 塩素系漂白剤を混合してしまうことです。尿石や水垢には酸性洗剤を、 カビには塩素系漂白剤を、というそれぞれの組み合わせの考え方はいいのですが、それらを同時に または連続して使用すると 酸性と塩素系が混じり合い大変危険です。塩素が発生して塩素濃度が上が…

酸性洗剤と 塩素系漂白剤を混合してしまうことです。尿石や水垢には酸性洗剤を、 カビには塩素系漂白剤を、というそれぞれの組み合わせの考え方はいいのですが、それらを同時に または連続して使用すると 酸性と塩素系が混じり合い大変危険です。塩素が発生して塩素濃度が上がると気管や肺を痛めます。

すべてを表示する

ウォシュレットの分解などは故障の原因になるのでやめた方がいいです。

金属のヘラなどであまり強く擦ると便器を傷付け、その傷に汚れが入り込んで取れなくなります。

便座が外れることを知らない方が多くいるのですが、便座が外れるタイプのトイレの場合は横にあるボタンを押して手前に引き抜くと便座が外れるようになります。するとその便座の裏が大変汚れていることに驚かれるかと思います・・・。そういったところを掃除したり、便器もタンクの…

便座が外れることを知らない方が多くいるのですが、便座が外れるタイプのトイレの場合は横にあるボタンを押して手前に引き抜くと便座が外れるようになります。するとその便座の裏が大変汚れていることに驚かれるかと思います・・・。そういったところを掃除したり、便器もタンクの中を開けてみてみるとカビで真っ黒になっていたりなど、普段手入れをしないようなところがかなり汚れていることがあります。そういったところをお掃除するのが一つの気をつけることです。あとは、酸性の洗剤(サンポール)などと塩素系の洗剤(ハイターやカビキラー)などを一緒に使わないことです。カビと尿石を取るために両者の洗剤を同時に使用したりすると毒ガスが発生して命の危険があります。ですのでその点だけは十分注意してお掃除をされてくださいね。

すべてを表示する

使う洗剤の注意書きをよく読んで、正しい使用方法で使うことです。

ヤスリや研磨剤等の物は使用禁止にされた方が良いと思います。 特にメラミンスポンジはコンパウンドが練りこまれて居ますのでお辞めになった方が良いかと存じます。

酸性のトイレクリーナーを使うことがあるかと思いますが、当然ながら塩素系の洗剤と混ぜないでください。あとは陶器でできていますので強い衝撃を与えると破損の原因となります。

余り強くこすり過ぎると便器表面のガラス質が傷付き、その場ではキレイになっても再度汚れが付きやすくなってしまいます。

上部から順番に清掃することをお勧めします。(照明.換気扇.上部棚.窓.手洗い場.便器.床)

まず、手袋は絶対にしたほうが良いと思います。また洗剤は、必ずトイレ用の洗剤を1種類のみ使用することをお勧めします。

トイレ用洗剤は酸性の物が多いです。塩素系の洗剤(カビキラー等)と混ざるとガスが発生してとても危険です。注意してください。

自分でトイレクリーニングをするときに、気をつけるべきことは、便器の内側までクリーニングすることです。

パッドや小さなブラシを使用する場合は、誤って便器に流さない様に注意して下さい。

便器と便座は材質が全く異なるので使用洗剤やスポンジを確認しながら行います。

自分が使うグッズを胸ポケットにいれる。前屈みになったときに、出てしまうから。

市販である尿石除去用の物理的に汚れを削るようなものは、力加減で衛生陶器自体を傷付けてしまう恐れがあります。傷つけてしまうと日常的に汚れやすくなります。汚れの激しいときはプロにお任せください。

自分でトイレクリーニングをされる際は便器と床の間の隙間と便器の裏の汚れを取ると良いと思います。

トイレクリーニングをするときに便器をゴシゴシしすぎると、傷がついてしまいます。

自分でトイレクリーニングするには外壁のシリコンの打ち直し工事が必要です。

塩素系の洗剤と酸性洗剤を同時に使うと塩素ガスが発生し大変危険です。 お使いの洗剤の注意書きをご確認下さい。

自分でトイレクリーニングをするときに、気をつけるべきことは、便器の縁の汚れを見落とさないように掃除することです。

便器などの陶器の所に金属類のケレン、たわしなどは使用しないで下さい。

トイレの洗剤は酸性の洗剤が多いため、カビ取り剤などの塩素系の洗剤と混ぜないよう気を付けてください。

市販でもある尿石落としは強い洗剤などございますので、取り扱いには注意して頂ければと存じます。

混ぜ合わせてはいけない洗剤を混ぜないよう気を付けることと、洗剤を使う際は換気を心がけましょう。また、固いもので擦って便器に傷を付けないよう気を付けてください。

まぜるな危険!です。トイレ用黄ばみ落とし洗剤は主に酸性の物がよく落ちます。水垢なども酸が効きます。お酢やクエン酸も酸です。お風呂のカビ取り剤、台所用漂白剤、排水パイプ洗浄剤などの主成分は次亜塩素酸ナトリウム。塩素系です。この様な塩素系と酸性の洗剤がまざると、塩…

まぜるな危険!です。トイレ用黄ばみ落とし洗剤は主に酸性の物がよく落ちます。水垢なども酸が効きます。お酢やクエン酸も酸です。お風呂のカビ取り剤、台所用漂白剤、排水パイプ洗浄剤などの主成分は次亜塩素酸ナトリウム。塩素系です。この様な塩素系と酸性の洗剤がまざると、塩素ガスが発生し、危険です。特にトイレは小さな個室です。中毒症状がでたり、意識を失ったり、過去には命お落としたり、かなり危険です。絶対に混ぜないように気をつけましょう。

すべてを表示する

洗剤のご使用の場合には、塩素系洗剤を酸性洗剤を同時にご使用になりますと、塩素素が発生しご自身に良くございません。換気には充分気を付けて作業することを心がけてくださいね!

自分でトイレクリーニングをするときに、気をつけるべき点は便器の淵の裏側は、尿石が溜まりやすいので注意した方が良いです。

自分でトイレクリーニングする際に気をつけるべきことは、酸性と塩素系の洗剤を混ぜない事

ご自分でトイレクリーニングをするとき気をつけるべきこととしては、酸性洗剤など強い洗剤は他と混ぜるのだけは注意が必要です。

酸性洗剤と塩素系洗剤の使用にはご注意ください。同時に使用し混ざってしまうと塩素ガスが発生します。

お悩みランキング

1位

エアコンクリーニングの際に、分解したエアコンの部品は、どこで洗浄しますか?お風呂場を使ったりしますか?

エアコンクリーニングの際、分解した部品は、お風呂場、ベランダ、お庭など… 詳しくみる

2位

エアコン掃除をしないといけない目安や合図はありますか?素人でもわかるエアコンクリーニング を頼む基準になるものがあれば教えてください。

エアコン内部を覗いてカビがあればエアコンクリーニングの基準と僕は考えて… 詳しくみる

3位

マンションや一軒家のハウスクリーニングをお願いする際にも、その作業内容に「エアコンの簡易清掃」が含まれている場合がありますが、簡易清掃とエアコンクリーニング の違いはありますか?もし違いがあれば教えてください。

エアコンの簡易清掃とは、主に空室清掃などの際に行うフィルター清掃と外周… 詳しくみる

4位

ドラム式洗濯機の洗濯槽クリーニングをお願いすることはできますか?

いいえ、対応していません。非常に重く、分解するには二人がかりでやる必要… 詳しくみる

5位

水回りクリーニングをセットで予約した後、別の箇所をお掃除してもらいたくなった場合、当日に掃除箇所を追加でお願いすることは可能ですか?

水回りのクリーニングのセット予約以外に 別の箇所のクリーニング等 … 詳しくみる

普段の生活でお悩みができたら、ぜひこちらにお問い合わせください!

カテゴリーから探す

カテゴリーからプロを探す

新着口コミ

匿名希望(30代)

トイレクリーニング

トイレ掃除二ヵ所

星星星星星 2.60

トイレ掃除一階と二階をお願いしました。終わってから確認すると裏側にホコリが明らかに拭かれた跡がなかったり、換気扇掃除の後のこぼれた粉が残っていたり、洗... 詳しくみる

ともさん(〜20代)

トイレクリーニング

ありがとうございました!

星星星星星 5.00

トイレの掃除をお願いしました。 女性スタッフさんがいらっしゃたのですが、 とても気さくな優しい方でしたし、 トイレもとても綺麗になりました!! ... 詳しくみる

閲覧履歴