アスクマイスター

あなたのマイスターに登録している2,500人のプロが、皆さんのあらゆるお悩みに答えます

自分でキッチンクリーニングをしたいのですが、排水溝やシンクのお掃除をするときに注意するべきことはありますか?

関連している質問をみる

業者さんの回答まとめ

排水口のヌメリ取りに使う洗剤は塩素系が多いので、お掃除の際は、手袋やマスク、眼鏡を付けた方が良いです。また、シンクの水垢落としには、酸性洗剤がよく使われます。塩素系と酸素系の洗剤は、混ぜると危険なガスが発生するので、注意が必要です。

業者さんのすべての回答をみる

キッチンクリーニングの料金の相場

キッチンクリーニング 13,000〜17,000円

キッチンクリーニングの業者さんを、お住まいの地域と日付を決めて予約が可能です。

業者さんの回答一覧

自分でキッチンクリーニングをしたいのですが、排水溝やシンクのお掃除をするときに注意するべきことはありますか?

掃除には傷がつかないような物を使用する事と排水溝にディスポーザーの機能がある場合は怪我をしたりするため、むやみに分解等はおすすめしません。

シンク内に小さなティースプーンやデザートフォークなど細かいモノは速やかに洗ってふき取り保管しておくことです。排水溝部分の上の蓋、生ごみ受けの目皿、排水溝の蓋を取り除いたままの状態で排水溝の配管へ細かなモノを流し落としてしまうと排水溝が詰まってしまい汚水が溢れる…

シンク内に小さなティースプーンやデザートフォークなど細かいモノは速やかに洗ってふき取り保管しておくことです。排水溝部分の上の蓋、生ごみ受けの目皿、排水溝の蓋を取り除いたままの状態で排水溝の配管へ細かなモノを流し落としてしまうと排水溝が詰まってしまい汚水が溢れる原因になるからです。

すべてを表示する

排水溝やシンクのお掃除をするときは、キズやシンクの目に沿ってお掃除しましょう。

自分でキッチンクリーニングをするときに注意することは洗剤を塗布しっ放しにしないことです。シンクが変色する場合があります。

漂白系の洗剤を使うときは換気をよくして手袋をしてお掃除をしてください。

襖屋さん (岡山県)

食品カスが残っていると、腐って悪臭の原因になります。外部からの害虫も侵入して来ます。食品カス、カビは必ず落として下さい。

排水口に物を落とさない事です。シンクをこすりすぎて穴を開けない。

傷を付けてしまうとその中に汚れが入ってしまい、逆に落としづらくなります。

排水溝やシンクのお掃除に限らす、洗浄するときにはそれぞれの場所特有の汚れに応じた洗剤を使用することです。排水溝についてはカビ汚れがメインですので、塩素系漂白剤をしばらく浸け置きしてブラシやスポンジで擦れば落とすことが出来るでしょう。シンクについては全体のくすみ…

排水溝やシンクのお掃除に限らす、洗浄するときにはそれぞれの場所特有の汚れに応じた洗剤を使用することです。排水溝についてはカビ汚れがメインですので、塩素系漂白剤をしばらく浸け置きしてブラシやスポンジで擦れば落とすことが出来るでしょう。シンクについては全体のくすみを取るためにクレンザーを使用します。中性洗剤で表面的な汚れを落とした後にシンクを乾いたクロスで拭き上げ、水あかが残っている部分にクレンザーをつけてパッドで擦っていきます。また、水栓部分には水あかが付着していることが多いので、酸性の薬剤を使用してブラシやスクレーパーを使って水あかを落としていきます。

すべてを表示する

汚れが取れない場合でも金だわしなどで擦るとかなり傷が入ってしまうので気を付けてください。

使用する洗剤の性質は、アルカリ性を基本としてクリーニングしてください。ただし、排水溝はカビハイターなどを使用すると綺麗になりますが、万が一、酸性洗剤と混合すると塩素ガスが発生することがありますので、ご注意ください。

キッチンクリーニングをしたい時は、排水溝やシンクのお掃除をするときに注意するべきことは、綺麗に出来れば問題有りません

濃度の濃い洗剤を使用した場合、ステンレスが変色する場合があります。

排水溝は長めのブラシでできるだけ奥までとどくものを使用。キズを入れないスポンジなどを使用。カビキラーなど塩素系の強い洗剤をかけっぱなしで放置しない。

排水溝のヌメリを取る洗剤は、塩素系が多くあります。シンクの水垢を取る洗剤は、酸性のものが多くあります。この「塩素系」と「酸性」はいわゆる「まぜるな危険」と表示されている洗剤になりますので、絶対に混ざらないように気をつけて下さい。また酸性の洗剤は、ステンレス素材…

排水溝のヌメリを取る洗剤は、塩素系が多くあります。シンクの水垢を取る洗剤は、酸性のものが多くあります。この「塩素系」と「酸性」はいわゆる「まぜるな危険」と表示されている洗剤になりますので、絶対に混ざらないように気をつけて下さい。また酸性の洗剤は、ステンレス素材のキッチンシンクに長く付着させていると「酸焼け」を起こし色が変色してしまいますので、注意が必要です。

すべてを表示する

洗剤による垂れじみやこすり過ぎないように気を付けて下さい、本来のコーティングが剥がれたり、キズをつける原因になります。

排水溝やシンクのお掃除をするときに注意するべきことは、あまり硬いスポンジ等で洗うとシンクにキズが入ることです。

ご自分でお掃除される際には、排水溝を掃除する時は異物が流れないように注意して下さい

排水口に掃除道具が流れない様に気を付けて下さい。小さなブラシが排水パイプに入ってしまい、流れが悪くなった事例が有ります。

ステンレスのかなタワシで擦る事は避けて下さい。細かいキズがつき汚れやすくなります。

排水溝はプラスチックなど、シンクとは素材がちがうのでお掃除する際は素材の違いに気をつけてやらないとキズがついてしまうことがあります。

ステンレスのシンクなどは洗剤やけなどがありますので強い洗剤は注意して下さい。

洗剤で注意する点は、まぜるな危険の記載があるものは絶対に混ぜて使用しない事です。また、シンク内は研磨しないと取れない汚れありますが、擦りすぎると傷になりますので注意が必要です。

洗剤によってはシンクのステンレスと反応して色が変わったり傷ついたりすることがあります。

まぜるな危険の洗剤を混ぜて使用しないようにする事です。またシンク内は研磨しないと取れない汚れもございますが、研磨やりすぎると傷になりますので注意が必要です。

排水溝は市販の洗剤でも塩素系のものでつけ置きする事でカビやヌメリの除去が可能です。シンクに関しては傷がつきやすい為強く擦り洗いを控えましょう。

洗剤の選択に注意してください。 手荒れを起こさない中性洗剤を最初はお試しください。プロは汚れの特性を見極めて酸性洗剤・アルカリ洗剤を使い分けていきますが、洗剤の扱いを間違うと 手荒れを起こします。 最初は中性洗剤を使用して、それでも汚れが落ちない場合は、石鹸カ…

洗剤の選択に注意してください。 手荒れを起こさない中性洗剤を最初はお試しください。プロは汚れの特性を見極めて酸性洗剤・アルカリ洗剤を使い分けていきますが、洗剤の扱いを間違うと 手荒れを起こします。 最初は中性洗剤を使用して、それでも汚れが落ちない場合は、石鹸カスには重曹やセスキ炭酸ソーダを、水垢にはクエン酸を、という具合に使い分けていくことをお勧め致します。

すべてを表示する

シンクの水垢を取りたく、固いもので力強く擦りますと傷が入りますので、気を付けて頂ければと思います。

よく排水講などをお掃除する際などに排水管洗浄剤を長時間放置する方がいますが、余り長い時間放置してしまうと排水管に穴があいてしまったり、錆びてしまったりしてしまいます。5分程経ったらしっかり濯いでください。シンクの洗剤と排水管洗浄剤は混ざらないようにをきつけて行…

よく排水講などをお掃除する際などに排水管洗浄剤を長時間放置する方がいますが、余り長い時間放置してしまうと排水管に穴があいてしまったり、錆びてしまったりしてしまいます。5分程経ったらしっかり濯いでください。シンクの洗剤と排水管洗浄剤は混ざらないようにをきつけて行ってください。

すべてを表示する

洗剤を長時間浸け過ぎないことと、硬いものでゴシゴシお掃除をしないことをご注意ください。

シンクのカビなどの汚れがしつこいからと金タワシのようなもので清掃してしまうと傷がついてしまいますので気をつけて下さい。

排水溝やシンクのお掃除をするときは、重曹などを使用すれば楽にできると思います。

排水口はカビが発生しますのでカビキラーなどの薬剤のご使用を検討ください、また、シンクは研磨剤で汚れを除去しますが、研磨剤の粒径により、艶消し、つや出しなど種類がありますのでご注意ください。

シンクを掃除するときは、粗目のスポンジでこすると傷がついてしまうので、自分でする場合はメラミンスポンジでやることをお勧めします。

固い素材で磨くとキズがはいる場合があります。また、クリーニング後洗剤が残っていると染みやサビになる場合もあります。

ご注意することは洗剤が強力なものですと手があれてしまうのでゴム手袋などを使用することです。

色々な道具を使って、細かいところの汚れまでしっかりと取ることてす。

お掃除の際、注意することは複数の洗剤を混ぜないことです。アルカリ性の洗剤と酸性の洗剤を混ぜると危険ですので複数の洗剤を使いたい場合はよく水で流してから利用するのが一番だと思います。

排水口の中がヌルヌルになっていたら漂白剤を使って洗って下さい。 シンクは家庭では酢を使った洗剤が効果的だと思います。

掃除をしている時に色々洗剤を使う場合は必ず1回使った洗剤を流してから使う事です。

排水溝のお掃除をする際は、長めのブラシなどを用意してできる限り排水管の奥の方までお掃除をすることがポイントです。目に見える範囲のお掃除だけですとなかなか臭いが取れない場合があります。私の家では、歯ブラシに長いワイヤーを巻きつけて水を流しながらお掃除をしています…

排水溝のお掃除をする際は、長めのブラシなどを用意してできる限り排水管の奥の方までお掃除をすることがポイントです。目に見える範囲のお掃除だけですとなかなか臭いが取れない場合があります。私の家では、歯ブラシに長いワイヤーを巻きつけて水を流しながらお掃除をしています。シンクにおきましては、マジックリンなどのアルカリ洗剤で油汚れやヌメリなど除去した後、クレンザーを使いながら全体的に研磨してピカピカに仕上げていきます。カルキなどが付着している場合には、クエン酸洗剤でカルキを緩ませてから落とすか、強力なサンポールなどを使います。ただ、ステンレスが酸で焼けてしまう可能性もありますので、その点は注意しながら作業しましょう。

すべてを表示する

排水溝の穴を覗きこまないように注意してください。 何かがでます

まぜるな危険の洗剤を混ぜて使用しない事です。またシンク内は研磨しないと取れないものもありますが、研磨しすぎると傷になりますので注意が必要です。

使用する洗剤の注意書き、道具の相性、ゴム手袋、マスクなど、あとはあきらめない強い意志。

洗剤でまぜるな危険の記載があるものを混ぜて使用しない事。シンク内はの汚れには、研磨しないと取れないものもございますが、研磨しすぎると削れ傷になりますので行う際は注意が必要です。

排水口は外せる部品は全て外して洗いましょう。しっかり洗わないと、ぬめりやにおいの原因になってしまいます。 シンクはあまり粗いクレンザーなどは避けましょう。最近はシンク用のスポンジなども売ってますので、食器用と分けてお使いいただくのも良いです。

シンクは傷つきやすいので、ものとかを落とさないように注意します。

キッチンクリーニングで洗剤を使う時などは必ずゴム手袋を使用して下さい。

排水溝やシンクのお掃除をするときに注意するべきことは残飯は必ず捨てるということですかね!

キッチンクリーニングをする際に消えおつけることとしましては1.キズつけない事。2.洗剤をしっかり洗い流す事

お悩みランキング

1位

自分で定期的にエアコンのお掃除やお手入れをやっているのですが、そんな場合でも業者さんにエアコンクリーニング を頼む必要はありますか?

お手入れの程度によると思いますが、通常のお手入れでは取り外しが可能なフ… 詳しくみる

2位

エアコン掃除をしないといけない目安や合図はありますか?素人でもわかるエアコンクリーニング を頼む基準になるものがあれば教えてください。

風の吹き出し口あたりにカビが発生した場合は代表的ですね。あとはエアコン… 詳しくみる

3位

エアコンクリーニングを業者さんに依頼する場合、予約が取りやすい時期があれば教えてください。

4月、5月中旬、6月上旬、9月下旬、10月あたりが狙い目です。 1〜3… 詳しくみる

4位

お掃除機能付きのエアコンのクリーニングが、通常タイプのエアコンのクリーニングに比べて、料金が高くなっているのはなんでですか?

お掃除機能付は通常の壁掛けエアコンより難しくなってしまいます。お掃除機… 詳しくみる

5位

エアコンクリーニングをするのに最適な時期を教えてください。お掃除する最適な頻度も、もしあれば教えてください。

夏前の5.6月が一番適切だと思います。また頻度設置環境にもよりますが、… 詳しくみる

普段の生活でお悩みができたら、ぜひこちらにお問い合わせください!

カテゴリーから探す

カテゴリーからプロを探す

新着口コミ

匿名希望(50代男性)

キッチンクリーニング

キッチンクリーニング

星星星星星 2.20

引越し先のガスコンロ周り他の汚れが酷かったので、初めて利用しました。100%は難しかったですが、安心して料理を楽しめました。

OGさん(40代男性)

キッチンクリーニング

感謝の気持ちで一杯

星星星星星 5.00

換気扇クリーニング、キッチンクリーニングをお願いしました。二つ頼むと割引で23000円とお得でした。 我が家は築10年で、換気扇は手の届く範囲以外は... 詳しくみる

注目のプロ

閲覧履歴